いがらし もけけさんの妊活ブログ/記事

試してみて。妊娠線クリームの比較と選ぶときのポイント

妊娠をするとお腹やお尻、太ももなどに妊娠線ができることがあります。お腹が急成長したときに、皮膚の下にある真皮が伸びきれずに亀裂が入り、その部分がスイカのような縦線模様になってしまうのが妊娠線です。妊娠線は一度できてしまうとなかなか消えないので、妊娠中から妊娠線クリームでしっかりと予防をしましょう。今回は妊娠線予防クリームの選び方の特徴と、おすすめの商品7つをご紹介します。

とっても簡単!妊娠週数の計算をわかりやすく解説

妊娠から10カ月ほどで出産を迎えますが、具体的な妊娠週数の数え方を知っていますか?妊娠週数を把握しておくことは、妊婦さんにとって色々なメリットがあり、ベビ待ちの女性もぜひ覚えておきたいものです。今回は、妊娠週数の計算をわかりやすく解説し、またそのメリットをくわしくご紹介します。

先輩ママに聞いた!妊娠線はいつから予防したら良いの?

妊娠中は短期間でお腹が大きくなるため、下腹部を中心に妊娠線ができることがあります。一度できた妊娠線は、産後もそのまま模様のようにお腹に残ってしまうことも多く、産後ママの悩みの一つになってしまうことも。そこで今回は、妊娠する前から知っておきたい、妊娠線予防を始める時期とその方法をご紹介します。

世の中の普通は?夫婦生活の平均回数はどれくらい?

妊活をする上で、夫婦生活はパートナーとの愛情を確かめ合うだけでなく、赤ちゃんを授かるためにも重要なことです。しかし、日本人は世界的に見ても夫婦生活の回数が少ないことで有名です。今回は世の中の夫婦生活の平均回数がどれくらいなのか紹介します。

どういうこと?高温期12日目に出血してしまう理由

妊活中の人にとって、生理予定日付近に出血があると生理が始まったのかと気になってしまいますよね。高温期12日目に出血が起きると「今月も妊娠できなかった」と思ってしまいますが、この時期は妊娠していても出血が起こる可能性もあるため、慎重に体調の変化をチェックしていきましょう。

身体の変化を知ろう!生理期間と妊娠の関係性

生理期間中は古くなった子宮内膜を排出し、子宮の大掃除をする大切な時期です。この時期に性行為をしても妊娠しないと思っている人もいますが、実は生理期間中でも妊娠する可能性はゼロではありません。今回は、生理期間と妊娠の関係について紹介します。

まだまだ大丈夫!ベビ待ち30代の生活法

妊活中の人は生理前のドキドキした気持ち、なかなか妊娠できないという焦りが交互にやってきて、気持ちが不安定になりがちですよね。特に30代のベビ待ちの人は、妊娠する確率が20代とくらべて低くなり、妊娠のタイムリミットを気にし始める年代です。そこで今回は、ベビ待ち中の30代女性の妊娠力を上げる生活法をいくつか紹介します。

試してみて。妊活時の生理中のベストな過ごし方5つ

妊活中の人にとって、生理がやってくると「今月も妊娠できなかった」とガッカリしてしまいますよね。しかし、実はこの生理中の低温期の過ごし方に気を付けることで、妊娠する確率を上げることができるのです。

どうしてなんだろう?排卵日に食欲が増える理由とは

さっきご飯を食べたのに、おやつをたくさん食べてしまうなど、普段はそこまで食べ物に執着しないのに、生理前になると食欲が止まらないという経験はありませんか?女性の中には排卵日に食欲が増える人がいます。どうして排卵日付近は食欲が増すのか、また、食欲を抑えて快適に過ごすコツを紹介します。

どうしても溜まっちゃう!妊活ストレスの解消法7つ

妊活中の女性にとって、赤ちゃんを授かるまで時間がかかるほど、何かとストレスを感じてしまいますよね。 しかし、ストレスはホルモンバランスの乱れを生み、不妊を引き起こす可能性があります。 自分に合ったストレス解消法を見つけて、ゆったりとした気持ちで妊活を続けていきましょう。