※回想日記です。 不妊治療というとどうしても女性にばかり負担がかかってしまいがちです。ですがその中で、男性に頑張ってもらわなくてはいけない検査あります。 それが精液検査。うちの夫も1度経験しています。 うちの夫は平日は朝 […]


※回想日記です。

不妊治療というとどうしても女性にばかり負担がかかってしまいがちです。
ですがその中で、男性に頑張ってもらわなくてはいけない検査あります。

それが精液検査。
うちの夫も1度経験しています。

うちの夫は平日は朝7時に出勤します。
ですが、その当時通っていた病院は10時開院。
精液検査の時は精液採取から2時間以内には病院に提出しなくてはいけないので平日はムリ。

ということで土曜日に予約を取りました。
お仕事お休みの日ですが、朝から頑張ってもらいました。

病院から精液を入れる検査を事前に受け取っていたので、前日にそれを旦那に渡します。
夫は、2人目を熱望していることもあり、不妊治療にはかなり積極的です。
なので夫が検査を渋るということは絶対にないのですが、それでも言葉のチョイスには悩みますよね。
散々悩んで結局何も決まらぬまま、夫に容器を渡しました。

私「これ、明日よろしく。10時には病院に持ってくから」
夫「了解」
と、こんな感じであっけなく容器を渡すことに成功。

そして次の日の朝。
夫は、容器を片手に
「これに入れて渡せば良いんだね」
と確認してきたので、慌ててタオルを渡し、
「入れ終わったら、タオルでくるんでから渡して」
と言いました。

なんか、検査の容器が透明で、中身が丸見えなのでそのままの状態で渡されてもイヤだなぁと思って急遽タオルを渡しました。
タオルを受け取った夫は、いそいそと自分の部屋へ向かっていきました。

ここからは夫への干渉はタブーなので息子と二人でwiiをしながら気楽に過ごしていました。

その後夫がリビングにやってきて、タオルに包まれた検査容器を渡してきました。
夫の任務はここで終了。
本当なら自分の検査なんだから自分で病院まで持っていってほしいところですが、婦人科という場所に男1人で行かせるのもなんとなく可哀想だったので私が持っていくことにしました。
夫婦揃ってなら男性もけっこうきてるんですけどね。

息子を夫に託して私は病院へ向かいました。
受付で何ていって渡そうか考えていたんですけど、結局
「夫の検査の持ってきました。」
とだけ言って受付の方に渡しました。

結果は1週間後ということで、この日は特にやることもなくすぐに帰ることができました。

そして1週間後。
検査結果を聞きに平日に私1人で病院へ。
結果は、精液の量が少なめ。それ以外は問題なしでした。

ただ、フーナーテストが不良だったため来週もう1度精液検査の予約を入れました。
今度は転院後初めての精液検査なのでどんな形で行われるのかいまからちょっとドキドキです。

精液の量が少なめということで、夫にはサプリを飲んでもらっています。
医師から言われたわけではないんですけどね。
夫が飲んでいるのがこちら。

maka

このサプリの成果が出ていると良いのですが。

そして私が飲んでいるサプリの1部がこちら。

iso
サプリは継続して飲まなくてはいけないのですが、その場その場でけっこうサプリを変えてしまっています。
これじゃ意味ないんですけどね。

今度の精液検査、良い結果が出ますように。

ポチっとブログを応援していただけると励みになります↓↓↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村