生理から10日…排卵痛? なんだか下腹部が痛いです。おりものも増えたかな? 今回は排卵が早くなるのかな?と思って一応排卵検査薬開始。 なんと濃い? これは日本の検査薬でも試してみようかなと思います。 子宮ガンの検診にも行 […]


DSC_0147 (1)
生理から10日…排卵痛?

なんだか下腹部が痛いです。おりものも増えたかな?

今回は排卵が早くなるのかな?と思って一応排卵検査薬開始。

なんと濃い?

これは日本の検査薬でも試してみようかなと思います。

子宮ガンの検診にも行ってきました。

結果は大丈夫でした。一度ひかっかかったことがあるので一年に一度は必ず行くようにしてます。

精密検査は内診でかなりぐりぐりっとされるので生理痛の2倍くらいの激痛ものです。

3年間ほど経過観察で終了してもう5年たちました。

よほどのことがない限り大丈夫ですが、妊活している以上、気を付けないとと思いますね。

あと、風疹気になります。私は親に聞いたら予防接種2回しているから大丈夫らしいですが、旦那がわからないのでまた機会を作って抗体あるか調べておきます。

気になる風疹ですよね。

風疹の予防接種を!!

風疹ってどんな病気?

風疹の症状

風疹の発疹は淡い赤い発疹。発熱がないケースも多いです
発熱と赤い細かな発疹という全身症状が特徴。主な症状は以下の通りです。
・発疹……赤い細かい発疹でほぼ同じ大きさ。全身に出て、3~5日で消える
・発熱……発疹と同時期。しかし半数ぐらいには見られない
・リンパ節が腫れる……特に首と後頭部のリンパ節が腫れる
・眼球結膜充血

風疹の原因

風疹は風疹ウイルスによって起こる全身の病気。風疹ウイルスは、「トガ科ルビウイルス群RNAウイルス」に分類されます。風疹ウイルスはヒトからヒトへしかうつしません。唾液や痰などが咳・くしゃみで飛び散ることによる飛沫感染です。

感染してから発症するまでの潜伏期間は 14~21日です。

(出典http://allabout.co.jp/gm/gc/313792/)

妊娠初期の女性が風疹にかかると、生まれてくる赤ちゃんにさまざまな障害がでてきてしまいます。風疹にかかっても、100%先天性風疹症候群になるわけではありませんが、妊娠初期ほど、発病しやすいです。妊娠初期は一番ママにとって気が付いていない時期だけに注意が必要です。
風疹を発症した妊婦さんでは、妊娠1カ月で50%以上、2カ月で35%、3カ月で18%、4カ月で8%に発病するといわれています。

ニュースでも話題になっていたので風疹の抗体検査をまずは夫婦でうけてみるといいですよね。

抗体を持っていない可能性のある年代は?

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は特に注意してください。中学生のときに学校で集団接種が行われていましたが、対象は女子だけでした。
昭和54年4月2日から昭和62年10月1日生まれの人は男女とも要注意です。この時期は男女ともに中学生のときに風疹のワクチンを接種することになりましたが、学校での集団接種ではなく個別に医療機関に出向いて受けることになったため、この期間は男女ともに接種率が激減したのです。

昭和62年10月2日から平成2年4月1日生まれの人は、男女とも要確認です。男女ともに幼児期に接種する機会があり、接種率は比較的高かったものの、受けていない人や1回の接種だけでは抗体が不十分な人もいて、こうした20代から40代の間で今感染が広がっているとみられています。

(出典 薬剤師ネット公式ブログ

私の旦那は昭和48年産まれなので注意が必要みたいです。

来月抗体検査行ってきます。

ポチっとブログを応援していただけると励みになります↓↓↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村