今日は前回に引き続き男性不妊いついてお話したいと思います。   私が男性不妊の事を何度もお話したいのには理由があります。 それは不妊症で悩んでいる夫婦の殆どの場合、女性側に問題があると思われているからです。 最近は少子化 […]


今日は前回に引き続き男性不妊いついてお話したいと思います。

 

私が男性不妊の事を何度もお話したいのには理由があります。

それは不妊症で悩んでいる夫婦の殆どの場合、女性側に問題があると思われているからです。

最近は少子化問題からか、不妊症について様々なメディアが取り上げてくれている為世間の理解度は徐々に上がってきてはいるとは思います。

それでも尚女性側が原因だと責められてしまうのが実情だと私は思います。

 

しかし、夫婦間での不妊症の原因の半分は男性側に問題あるとされています。

これはWHOが不妊症の原因について男女別に調査を行ったところ、女性のみに原因があるケースが41%、男性のみに原因があるケースは24%、男女共に原因があるケースが48%という結果が出ており、男性が不妊症の原因である確率は実質48%あるという事に基づいています。

この結果は、今まで世間が『不妊症の治療は女性が受けるもの』という概念をかき消すものだと私は思っています。

 

さて、それでは男性不妊とは実際にどういったものなのでしょうか。

 

勃起障害(ED)

勃起障害(ED)とは性行為の際に全く勃起でない、省乳できるほど勃起できないというものです。

主な原因としては、若年齢の場合は緊張及びストレスが原因である事が殆どで、年配者の場合は加齢及び糖尿病などの疾患による場合があります。

 

射精障害

射精障害とは性行為の際に正常な射精ができないというもので、膣内射精障害(女性の膣に射精ができない)や逆行性射精障害(精液が膀胱へ逆流してしまう)、早漏及び遅漏も射精障害の症状として当てはまります。

主な原因としては、先天性のものや神経系の問題や、手術や外傷によって発症する場合があります。

 

精子に元気がない

主な原因としては、先天性なものや、高熱やおたふく風邪、前立腺炎が原因で発症する精巣炎や、精索静脈瘤等が原因となる場合があります。

 

乏精子症

これは精液中の精子が少なくというもので、精子濃度の正常値が1mlにあたり4000万個であるのに対して、1mlあたり1500万個に満たない方は乏精子症の診断を受けます。

主な原因としては、精巣を必要以上に温めてしまう事で精子が作られにくくなってしまう精索静脈瘤である事が殆どです。

 

無精子症

これは精液内に精子が全く存在しないというもので、男性100人のうち1人程の割合で無精子症の症状がみられます。

主な原因としては、精子の通り道である精管や精巣の上体が詰まってしまっているケースと精子を作り出す精巣に問題があるケースに分けられます。

 

・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪

 

いかがでしたでしょうか。

 

私が男性不妊症について思った事は、自分が想像していたよりも種類が多かったという事でした。

 

私の旦那も、不妊治療で苦しんでいる私を見て先月自分も男性不妊症の検査を受けてみると申し出てくれました。

 

赤ちゃんは夫婦二人で力を合わせて初めて授かる事ができます。

 

不妊治療をしていて、奥様だけが苦しい思いをしていませんか?

 

検査をしてみると、以外にも旦那様にも原因があったという事もあるかもしれません。

一度旦那様も奥様と一緒に婦人科へ行ってみるのも、赤ちゃんを授かるための一歩へとつながるかもしれませんね。

e146_goodjobishi_tp_v

・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪

ポチっとブログを応援していただけると励みになります↓↓↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村