本日高温期8日目です。昨日の日記で、今日の基礎体温の2段上がりを期待していたのですが、それは叶いませんでした。 といっても、昨日心配していたとおりいつもは6時に測定するのに4時頃目が覚めてしまってその時測った結果なんです […]


本日高温期8日目です。
昨日の日記で、今日の基礎体温の2段上がりを期待していたのですが、それは叶いませんでした。

taion

といっても、昨日心配していたとおりいつもは6時に測定するのに4時頃目が覚めてしまってその時測った結果なんです。
一応2度寝して6時に測った時は36.9度で良い感じの2段上がり成功になるんですけどこれじゃダメですもんね。
明日こそ・・・・明日こそ上がってほしいところです。

さて今回は、なぜ最初に通っていた婦人科から不妊治療専門医院に転院したかについて書いてみようと思います。

最初に通っていた婦人科は、近所にある一般の婦人科でした。
不妊治療専門ではないものの不妊治療にもある程度力を入れていて、人工授精まではすることができます。
産科は併設していないのでおなかの大きな妊婦さんはいません。

この婦人科ではちょいちょい、イラッとさせられるような事がありました。
その1つ1つは小さなことなんですけど、それが積み重なったことにより転院を決意しました。

転院を決意させた先生の言葉
「ストレスたまってるんじゃないの?ストレスためると妊娠できないよ」
と言われたんです。

不妊治療においてのストレスのもとはその先生だったので、私はこの病院に通ってても絶対に妊娠できないな・・・と思い転院したんです。

ストレスの原因は先生の威圧的な態度です。
だまってオレの言うとおりにしてれば良いんだ!余計な事は言うな!
というオーラがすごいんです。

こちらがちょっと質問でもしようものなら
「そんなの当たり前でしょ?」
と、冷たくされたりもっとひどい時は鼻でフッって笑われてバカにされることもありました。

11

それでも先生の言うとおりにしてれば妊娠できるんだったら先生についていこうと決めて頑張っていたんですが一向に良い結果は出ません。
それに言うことが毎回バラバラなんです。

先生が次の周期では○○をしてみようと言っていたのに、いざ次の周期になっても先生は今までと同じ治療を繰り返そうとするんです。
で、こちらが
「今回は○○をすると言ってませんでしたっけ?」
と聞くと、フッと鼻で笑った後に
「別にやりたいならやってみ良いけど」
みたいな言い方をするんです。

そんなこともあり転院したのですが、今の病院は良いですね。
先生は多くは語りませんが、こちらが質問したことにはきちんと答えてくれます。

家に帰ってわからない事があって電話をすると、診療中でも必ず先生が電話に出て答えてくださいます。
とても誠実な先生です。

妊娠できるかできないかはわかりませんが、少なくとも通院に関してのストレスは無くなりました。
今回は良い結果が出ますように。

ポチっとブログを応援していただけると励みになります↓↓↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村