知識の準備

珍しくない!二人目不妊でありがちな5つの原因と対策

一人目は自然に妊娠できたのに、二人目がなかなか妊娠できなくて、悩むカップルとは意外に多いと言われています。どのような原因が考えられるのでしょうか?ここでは二人目不妊の原因とその対策について紹介します。

21人に1人が体外受精!一般的になっている体外受精の現状とリスク

不妊治療の一つに「体外受精」があります。実は、2014年に国内で行われた体外受精により、過去最多の4万7322人が誕生したことが日本産科婦人科学会のまとめでわかりました。一般的になっている体外受精ですが、いったいどんな治療法なのか、どんな場合に行えるのか、費用やリスクについてもご紹介します。

世の中の普通は?夫婦生活の平均回数はどれくらい?

妊活をする上で、夫婦生活はパートナーとの愛情を確かめ合うだけでなく、赤ちゃんを授かるためにも重要なことです。しかし、日本人は世界的に見ても夫婦生活の回数が少ないことで有名です。今回は世の中の夫婦生活の平均回数がどれくらいなのか紹介します。

意外と知らない事実。不妊治療の流れとは?

避妊せずに通常の性交渉をもつカップルが、1年以内に妊娠に至る可能性は80%。以前は2年以上妊娠しない場合を不妊と定義されていましたが、最近は1年以上に変更されました。では実際に不妊治療を受ける場合、どんな流れで治療が進んでいくのでしょうか。

これってもしかして!?低温期に妊娠する可能性ってある?

妊活に役立てている人の多い基礎体温。排卵の時期を境に低温期から高温期に移行し、間もなくすると低温期に移行、そして生理が来るのが一般的です。ところが低温期に入ったのに生理が来ない、低温期なのに妊娠検査薬が陽性になったなどのケースがあります。今回は低温期に入ると妊娠の可能性があるのかないのか詳しくご説明します。

しっかりチェック!生理後の妊娠しやすい周期の調べ方

妊活女性にとっていつ夫婦生活のタイミングを取れば妊娠しやすいのか、生理後の妊娠しやすい周期を知っておくことはとても有効です。今回は生理の仕組みを知った上で、生理後の妊娠しやすい周期や生理の後何日目がもっとも妊娠しやすいのかなどを詳しくご説明します。

意外と知らない。排卵から着床までの日数とは

あなたは妊娠のメカニズムをご存知ですか?妊活中であれば排卵日の知識は持っているかと思いますが、意外と知られていないのは着床までのこと。今回は妊活中の女性が意外と知らないけど覚えていてほしい排卵や着床などについて、それぞれにかかる日数も含めて妊娠の流れに沿ってご説明します。

もしかして。着床出血がある人の確率はどのくらい?

妊活中は生理が来るとガッカリしてしまいますよね。でもその出血、本当に生理ですか?「すぐ生理が終わってしまった」「ちょっとしか出血しなかった」などいつもの生理と違う感じがしたら、もしかしたらそれは着床出血かもしれません。意外と知られていない着床出血ですが、妊活中であればこれを読んでしっかり理解しておきましょう。

知っておこう。排卵は生理後にすぐ来ることもあるの?

生理が終わった直後は「安全日」、つまり性行為を行っても妊娠しない日と言われています。ところが、なかには生理後すぐに排卵が来ることがあり、必ずしも安全日とは言えず妊娠の可能性がゼロではありません。生理が終わった直後に排卵が来るのは正常なのか、またなぜそのようなことが起きうるのかなどをまとめてご説明します。

実はダメ?着床時期の性交は自然妊娠の確率を下げるの?

着床時期は受精後5日から10日間の間に行われます。この時期に性交をすることによって自然妊娠する確率が低下することが判明しました。一体これはどういうことなのか、どのくらいの確率なのかを解説していきます。他にも時期に起こりえる症状など着床に関する体の仕組みを合わせてお話します。