環境の準備

不妊治療を対象にした業界初の医療保険について検証

不妊治療は自己負担がかなり多いことで知られています。2016年10月、日本生命より不妊治療に関する業界初の保険商品が登場しました。その名も、「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保証保険“Chouchou!(シュシュ)」。出産給付金や特定不妊治療への保障がついている珍しい保険ですが、どのような内容でしょうか?

家計と見比べて!不妊治療にかかる費用の平均金額とは!

不妊治療にかかる費用の平均について不安になることはありません?もちろん、不妊治療を始めてすぐに妊娠できれば治療費はほぼかかりませんが、思わぬ長期間に及ぶこともあります。今回は不妊治療にかかる費用の平均を、実際のアンケート結果からご紹介します。ぜひ参考にしてください。

申請しよう!不妊治療は医療費控除に含まれる!

不妊治療は保険が適用されないため、高額な費用がかかってしまいます。費用の心配があってなかなか治療に踏み切れないという人もいるかと思いますが、実は不妊治療が医療費控除に含まれるようになったことをご存知でしょうか?赤ちゃんが欲しいと思ったら、ぜひ「特定不妊治療費助成制度」を利用して妊活をがんばっていきましょう。

妊活のために仕事を辞めるのはあり?なし?

婦人科で不妊治療を行っている人は、連日の通院が非常に負担になっています。仕事のストレスも不妊の原因となるため、いつ妊娠しても良いように退職を選択する女性もいます。しかし、今後の生活や会社での立場を考えると退職が正しい選択なのか迷ってしまいますよね。今回は、妊活で仕事を辞めるメリットとデメリットを紹介いたします。

ボーダーラインはどこ?平均的な妊活期間とは?

妊活をはじめたというもの、未だに妊娠出来ない人に必見です。みんなが妊活の期間をいつまでと考えているのか疑問に感じたことはありませんか? 具体的な妊活の期間や、妊活の平均年齢、妊活をやめる理由など疑問をすべて解決します。
体外受精の費用

知っておきたい体外受精の費用、活用できる助成金はあるの?

体外受精にかかる費用は一体どのくらいかご存知でしょうか。クリニックによって値段は変わりますが、大体は1回の体外受精で30万~50万が相場です。不妊治療専門のところですと60万~80万かかるところもあります。助成金を用いて具体的にどうしたら体外受精の費用を安く済むかを徹底的にお教えします!
排卵誘発剤の注射

排卵誘発剤の注射ってリスクあるの?種類と費用まとめ

排卵誘発剤は、妊娠するために重要な「排卵」をコントロールする薬剤として、不妊治療には欠かせないものです。自然妊娠を目指し妊活を頑張っておられる方にとっては、1つステップアップをした際に医師から提案されるものの1つです。今回は、注射の排卵誘発剤について、リスクや種類、費用についてご説明します。
不妊治療の医療費控除

不妊治療の医療費控除でお金を取り戻す条件とは?

不妊治療は医療費が高額になりがちです。不妊治療には国や自治体からの助成費がありますが、医療費控除も受けられるのでしょうか。また、医療費控除を受けるためにはどうすればいいのでしょうか。
妊活しながら仕事

妊活しながら仕事を続けるうえで知っておくべき5つの心構え

女性の初婚年齢平均は29歳を超え、ますます上昇を続けています。それに伴い、妊活を始める年齢も上昇し、妊活をしながら仕事をを続けるにあたって、知っておくべき心構えをまとめました。今、仕事をしながら妊活中の方、仕事を持ちこれから妊活を考えている方、ぜひこの5つの心構えを参考にしてください。