妊娠したい女性にとって排卵日を知るのは、とても重要な事です。排卵日の目安がわかる「排卵検査薬」は、ぜひとも使いこなしておきたいところ。ここでは、「排卵検査薬」が陽性となった場合、妊娠しやすいタイミングはいつ頃なのか、どのように対応していけばいいのかを見ていきましょう。


排卵検査薬で陽性?どうすればいい?

自分の排卵のタイミングを知りましょう

「排卵検査薬」とはその名の通り、排卵日を割り出してくれる検査薬の事です。さっそくネットで購入しようとして、あれ?と思った方、そうなんです。2009年の薬事法改正により、現在、日本製の排卵検査薬は、ネット通販では購入できなくなってしまいました。

どうしても日本製にこだわる方は、薬剤師さんのいる薬局で直接購入するか、もしくは、日本製にこだわらず海外製で構わないのであれば、通販サイトでも購入できます。少しでも正確に排卵のタイミングを知って、結果の見える妊活にしていきたいものですね。

排卵検査薬で陽性なら妊娠しやすいの?

排卵検査薬はどう使うの?

shutterstock_408025087

排卵検査薬の使い方は、いたって簡単です。細長いスティックの先端部分に、尿をかけて数分待つだけ。すると、判定窓に「陰性」か「陽性」かの印が表示されるので(判定のための印はメーカーごとに異なります)、初めて使用する方でも一目で判断できます。

ただし検査薬によって、尿をかける時間や判定までの待ち時間が少しずつ変わるので注意が必要です。それぞれ説明書をよく読んで、正しい使い方を心がけてみましょう。

なぜ排卵日がわかるの?

shutterstock_285955340

女性の体は、排卵する直前に、体内の黄体形成ホルモン(LH)を大量分泌する特徴(LHサージと呼ばれます)があります。排卵検査薬はこの特性を捉えて、尿中で検出される黄体形成ホルモンの濃度を測ることで、排卵が近いことを知るしくみになっています。

ここで注意したいポイントは、「排卵検査薬が陽性=排卵済み」ではないということです。妊娠検査薬だと、「妊娠検査薬が陽性=妊娠している可能性大」となりますよね。この考え方で行くと、つい混同してしまいがちですが、排卵検査薬で陽性となったら、それから24時間~48時間以内に排卵が起こるとされています

検査薬で陽性が出たら?適切な妊娠タイミングはいつ?

shutterstock_397886950

排卵検査薬で陽性が出たら、その日からすぐにでも性交渉を持つようにしましょう。排卵された卵子の寿命が約12~36時間と考えると、『排卵検査薬で陽性判定→24時間~48時間以内に排卵→卵子の寿命は約12~36時間』、つまり少なくとも陽性判定の直後から約2~3日間が、妊娠する可能性の高いタイミングだと考えられます。

ただひとつ注意したいのは、この条件にあてはまるのは、排卵検査薬での陽性判定があくまでも「初めて」のときに限ります。もし、排卵検査薬にトライした1回目で陽性反応が出た場合、その数日前から陽性反応があった可能性があります。そうなると、正確な排卵日を特定できないので、その月は諦めましょう。

翌月、排卵検査薬の判定が「陰性→陽性」に変化するタイミングを逃さないために、何日か続けて排卵検査薬を使用し、再度、排卵日を割り出す方が良いかもしれません。

そんな状況もあって、排卵検査薬は国産のものだと一箱に5回~7回分、海外産のものだと50回~60回と複数本入っています。数日にわたって検査ができるように、始めから多めに用意されているのですね。

排卵が近づいているはずなのに、陽性かどうかはっきりしない場合は、朝夕と1日2回ずつ計るようにし、少しでも正確な排卵日が特定できるように注力してみてくださいね。

どんな製品があるの?

shutterstock_411935812

さて、いま実際に販売されている排卵検査薬には、どんなものがあるのでしょうか?

まずは大きく、国産か海外産かに分かれます。製品の精度自体はどれもそんなに大差ないとの話もありますが、そのなかでも国産製品のメリットとして挙げられるのは、以下の3点です。

  1. 製品情報に疑問があった場合、日本語のホームページやお客様センターへの電話相談で不安を解消できる
  2. 検査薬が必要になった時は、薬剤師さんのいる薬局に行けばすぐに入手できる
  3. キャップが付いていたり、持ちやすいように持ち手が工夫されているなど製品自体の使い勝手が良い

確かに、海外製品は製品情報を得たくても解説書で言葉の壁を実感したり、製品もまるでリトマス紙のようなシンプルな作りなので不安になることも否めません。そんななか海外製品で最大の魅力は、なんといってもその価格です。7本で3000円近い国内製品と比べ、50本~60本入って3000円強の圧倒的なリーズナブルさには、強く惹かれる方も多いでしょう。

いずれにしても、インターネット上には、各商品の使用勝手や値段、入手方法などの口コミで溢れているので、必要ならば購入前に一度覗いているのも良いかもしれません。

排卵検査薬で気を付けたいこと

shutterstock_499454431

尿中のLH濃度でもって判定結果を出すため、条件によってはLH濃度に影響が出てしまい、正しい判定ができなくなることがあります。せっかくの検査薬、一本でも無駄にしないためにも、下記の点に注意して判断を誤らないようにしましょう。

  • 検査前に大量の汗をかく運動はNG
  • 検査前に大量の水分を摂取することもNG

LH濃度が下がり、判定不可能になる可能性があります。

  • 出産後・流産後の方は、その後の生理が始まったあとに使用すること
  • 不妊治療中の方は、投与している薬剤がLH濃度に影響するものもあります。病院の先生に相談してから検査薬を使用しましょう

排卵がないにもかかわらず、判定結果が陽性になる可能性があります。

排卵検査薬だけに頼らない

基礎体温表との併用がおすすめ

以上、排卵検査薬が陽性になった場合の妊娠しやすいタイミングほか、様々な周辺情報を含めて見てきました。

毎月の排卵日を知り、確実な妊娠へとつなげていくのは、とても手のかかることですね。それでも、いつかかわいい赤ちゃんに出会えるかもしれないことを考えると、少しの手間も惜しみたくない気持ちもあります。

特に、基礎体温表への記載を続けながら排卵検査薬にトライしていければ、よりはっきりしたタイミングがわかり、おすすめです。排卵検査薬を上手に使って、ひと月に一度の貴重なタイミングをしっかり押さえていきましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
2+

※会員登録やログインは不要です