不妊治療では「排卵誘発剤」を使用する場面がたくさんあります。内服薬と注射薬があり、効果もある一方でもちろん副作用もあります。今回はこの「排卵誘発剤」についてご説明していきます。


排卵誘発剤って何?

無排卵の人以外にも使います

産婦人科医の西尾と申します。今回は排卵誘発剤ついてご説明します。

妊活中の方ならだれでも一度は耳にしているであろう、排卵誘発剤。本来はエコーで見ても卵胞が育っていなかったり、排卵していない人に使用しますが、自然周期でのタイミング法で妊娠しない場合など、正常に排卵していても妊娠率を上げるために使用することもあります。また、人工授精、体外受精、顕微授精とステップアップしていくにつれて欠かせない治療になっていきます。

排卵誘発剤のあれこれ

A)排卵誘発剤の種類

クロミフェン(クロミッド錠)

エストロゲンの分泌が十分足りている人に使う薬です。例えば、 以下のような場合です。

  • 無排卵周期症(生理がまちまちで、排卵もしていない)
  • 希発月経(生理がめったにこない)
  • 第1度無月経(多嚢胞性卵巣症候群などがこれにあたります)

クロミフェンはエストロゲンに似た形をしており、体内でエストロゲンと競い合います。これに脳の視床下部というところが反応し、卵巣を刺激するホルモンであるLH(黄体化ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)がいつもよりたくさん分泌されることで排卵をうながす方法です。

生理開始後3~5日目から飲み始め、5日間飲みます。最初は1日1錠ですが、何周期か様子を見て効果が不十分な場合は、3錠まで増量することがあります。

クロミフェンは困ったことに抗エストロゲン作用があるので、副作用に子宮内膜が薄くなったり、頸管粘液が減少することがあります。あまりにも子宮内膜が薄くて着床に適さないと判断した場合は、採卵しても移植は次の周期まで待つことも。仕方のないことなのですが、妊娠のために排卵誘発をしているのに、子宮が妊娠に適さない状況になることがなんか納得いかないな…と私は感じています。

シクロフェニル(セキソビット錠)

クロミフェンに似た作用のお薬です。しかしクロミフェンと違う点を一言でいうと、「作用も副作用も弱い」です。抗エストロゲン作用がなく、先述した内膜が薄くなる、頸管粘液が減るといった副作用がありません。しかしクロミフェンに比べ、排卵誘発効果は低いので、排卵はしているが妊娠しにくい人にまず使用します。逆に多嚢胞性卵巣症候群の場合はシクロフェニルは無効で、クロミフェンは効果があるといわれています。

シクロフェニルもクロミフェン同様、生理開始後3~5日目から飲み始め、5日~1週間程度飲み続けます。1日4錠から6錠ですので、少し錠剤の数が多くなります。

hMG-hCG製剤

hMG製剤はLH(黄体化ホルモン),FSH(卵胞刺激ホルモン)を含んでおり、卵巣を直接刺激して卵胞をぐっと育てる薬です。以前は閉経した女性の尿を精製して作られていましたが、現在は遺伝子組換えなどによって作られた製品もあります。まず生理開始後3~5日目からhMG製剤を毎日注射します。期間は7日~10日程度です。製品によっては自己注射できるキットもあり、その場合は連日通院しなくてもよくなりました。

エコーで卵胞が育っていることが確認できたら、今度はhCG製剤を注射して卵胞を成熟、排卵させます。hCG製剤は排卵前に起こる「LHサージ」を人工的に起こしている状態です。注射して約36時間後に排卵が起こるとされていますので、体外受精や顕微授精のために採卵するときは、時間をきっちり守って注射しなければいけません。

(参考)体外受精と顕微授精

体外受精では卵子に精子を振りかけて自然に受精するのを待ちますが、顕微授精は顕微鏡で見ながら卵子の中に直接精子を注入します。

体外受精

kenbijyusei

B)排卵誘発剤の費用

ロミフェンの薬価は1錠120円、シクロフェニルは1錠34円です。排卵誘発法は一般不妊治療のうちは基本的に保険適用があり3割負担です(回数制限があります)。クロミフェンなら1錠40円、シクロフェニルは1錠10円ということになります。保険適用の間は処方代を含めても1か月あたりの負担額は1000円以内に収まります。

hMG-hCG製剤は薬によって金額にばらつきがありますが、保険適用なら注射1回あたり約1000~1500円くらいです。10日注射して、そのあと排卵させるために注射するとして1か月に20000円弱といったところでしょうか。自己注射キットのある製品は遺伝子組換え製剤なので薬価が高く、もう少し費用がかかると思います。

C)排卵誘発剤の効果

例えば人工授精では、自然周期では妊娠率は7~10%ですが、排卵誘発剤を使用した場合は10~15%に上昇します。

D)排卵誘発剤で気を付けるべき副作用

排卵誘発剤はホルモン製剤なので、敏感な方は他のホルモン剤同様、頭痛、吐き気、おなかが張るような感じといった副作用があります。しかし、それとは別に気にしておいた方がいい副作用が2つあります。

  • 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発剤、特にhMG-hCG製剤は卵巣を直接刺激して卵胞を一気に育て、排卵させます。このとき卵巣が過剰に刺激され(文字通りですね)、腫れ上がった状態になることを卵巣過剰刺激症候群と言います。正常な卵巣は親指の頭サイズなのですが、卵巣過剰刺激症候群で膨れ上がった卵巣は10cmを超えることも珍しくありません。

それだけでなく、血管の中から水分がしみだしてきて胸水、腹水として体に溜まります。重症の場合は生命にかかわることもあり、入院して治療が必要です。排卵誘発剤を使用しているときに下腹部痛、おなかがパンパンになる、急に体重が増える、のどが渇くなどの症状があらわれたときは速やかに病院を受診してください。若い人や多嚢胞性卵巣症候群の人が特に起こりやすいとされていますので、あてはまる方は特に気をつけておきましょう。

  • 多胎妊娠(双子、三つ子など)

自然妊娠の場合、多胎妊娠の可能性は1%と言われています。シクロフェニルでは多胎妊娠の確率は自然妊娠と変わりません。クロミフェンでも5%くらいですが、hMG-hCG療法になると20%に上昇します。

自然妊娠が難しければ、排卵誘発してみよう

副作用はあるが、効果は高い

排卵誘発剤についてご説明させていただきました。副作用はありますが、内服薬からであれば費用もそこまで高くはなく、はじめやすい治療法ではないかと思います。一刻も早く妊娠したい方は、主治医やパートナーとも相談してみてください。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です