不妊治療専門のクリニックでなくても処方してもらえることが多い、クロミッド。皆さんの周りにもクロミッドで妊娠した、という人がいるかもしれません。では実際、どれくらいの確率で妊娠するものなのでしょうか。現役の産婦人科医が解説していきます。


気になるクロミッドの妊娠率

クロミッドって効果あるのかな?

こんにちは。産婦人科医の西尾です。今回はクロミッドというお薬を記事に取り上げることにしました。

そもそもクロミッドとは、クロミフェンという排卵誘発剤の商品名です。排卵誘発剤というとハードルが高いような感じがしますが、内服薬でかつ副作用も少ないため、妊娠を希望しているのにうまくいかない、という方によく処方されるお薬です。では、クロミッドを使った時の妊娠率についてお話しさせていただきます。

クロミッドの妊娠率に与える影響

クロミッドってどんな薬?

clomid2クロミッドは女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た形をしています。エストロゲンのそっくりさんとして卵巣を刺激することによって、排卵を起こさせる錠剤の飲み薬です

生理周期が一定になるというメリットもあります。生理開始5日目から、毎日1錠ずつ5日間飲みます。1日1錠では無効な場合は、3錠まで増やすこともあります。薬価は1錠120円です。

クロミッドはどんな人に効果があるの?

shutterstock_439142563

クロミッドは多くの不妊症の人に効果があります。特に無排卵周期症といって、排卵がないまま生理がくるため生理周期がバラバラな人には効果的とされています。

ただし、誰でもOKというわけではありません。

  • 無排卵の原因が高プロラクチン血症である人には効果がありません。よって、クロミッドで排卵させるには血中のプロラクチン値が正常であることが前提です。
  • 血液中のエストロゲンの量がとても少なくて、エストロゲンとプロゲステロンを両方薬として飲まなければ生理が来ないような人には無効とされています。
  • 多嚢胞性卵巣症候群では、半数程度の人しか効果が認められないといわれています。

クロミッドはむやみに内服するのではなく、まず血液検査やエコー検査をして、クロミッドが適切かどうか判断してもらう必要があるのです。

クロミッドの排卵率は?

クロミッドで排卵する確率は70~80%といわれています。けっこう高い数値ですよね。

なお、自然な周期の場合は、エコーで見た時の卵胞径は20mmくらいになると排卵しますが、クロミッドではもう少し大きくなってから排卵する傾向があります。22~25mmくらいで排卵に至ることが多いです。

ズバリ!クロミッドの妊娠率は?

shutterstock_273989651

70%以上の人が排卵するクロミッドですが、その一方で妊娠率は25~30%です。

もっと高いと思っていた方もいるのではないでしょうか?排卵誘発剤を使ったからといってすぐに妊娠するとは限らないのです。とくに問題のないカップルが排卵期あたりに性交渉をして妊娠する確率はおよそ20%ですから、それには近づけると思っていただくといいでしょう。

ではなぜ70~80%の人が排卵するのに、妊娠率は30%くらいしかないのでしょうか?

理由はいくつかありますが、大きな理由としては、クロミッドの抗エストロゲン作用が挙げられます。クロミッドは卵巣に対してはエストロゲンとして働きますが、子宮に対してはエストロゲンを邪魔する働きをします。そのため、頸管粘液が粘っこくなったり、子宮の内膜が薄くなったりします。頸管粘液が粘っこくなれば、精子が子宮の中に届きにくくなります。子宮の内膜が薄くなれば、受精卵が着床しにくくなってしまいます。そのため妊娠率が下がってしまうのです。

しばらくクロミッドを続けても妊娠しない場合は、ほかに妊娠しづらくなるような原因があるのかもしれません。そういう場合は、検査を追加したり、もっと違う方法で妊娠を目指していく必要があります。

クロミッドの副作用は?

shutterstock_271867040

クロミッドを飲んでも副作用がない人が大半なのですが、やはりホルモン剤の一種ですので、副作用はあります。

  • 敏感な人は頭痛や吐き気、腹部の張りを感じることがあります。だいたい5%くらいの確率でしょうか。
  • 排卵誘発剤というと多胎妊娠のイメージがあるかもしれませんが、クロミッドで排卵する卵子はほとんどの場合1~2個です。双子になる確率は5%くらいといわれていますが、三つ子や四つ子の確率は自然妊娠の場合とほとんど変わりありません。
  • 卵巣過剰刺激症候群という副作用があります。クロミッドより注射での排卵誘発剤でとくに起こりやすい副作用です。排卵誘発剤によって卵巣が過剰に刺激された結果、腫れ上がります。正常な卵巣は親指の頭くらいの大きさですが、それが7cm以上に急激にふくれます。さらに胸やおなかに水が溜まり、生命の危機にさらされることもあります。若年者や多胞性卵巣症候群の人に多いです。

クロミッドは比較的マイルドな排卵誘発剤

自然排卵にこだわらず、トライしてもいいのでは

副作用も含め、いろいろと書きましたが、クロミッドは比較的使いやすい薬です。とくになかなか生理がこなくて自分でタイミング法ができない人は、自然周期での妊娠にこだわらずに、排卵誘発剤の使用を考えてみてもいいのではないかなと思います。パートナーや主治医とよく話し合ってみてください。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です