妊活とは、妊娠しやすい体つくりをする活動のことで、不妊治療とは定義に基づいて不妊と診断された人が行う治療のことを指します。具体的な妊活には、不妊の検査、基礎体温測定、日常生活の見直し、身体を温めるの4点が挙げられますが、具体的に説明していきます。


不妊治療とは?

不妊治療=妊活なのか?

近年、芸能人などがブログで公表して話題となっている「妊活」という言葉。

しかし、妊活とは具体的にどのような活動なのかということを知っている方は少ないように思います。不妊治療=妊活だと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、妊活とは具体的にどのようなことをするのか、不妊治療と何が違うのかについてお伝えしていきます。

妊活について知りましょう

不妊治療と妊活の違いとは?

それでは、まず押さえておきたいのが、妊活と不妊治療のその違いです。

妊活とは

妊娠活動という言葉を略したもの。現在では、朝活とか温活とか様々な活動がこの言葉で表現されていますが、妊活もその一つです。医学とは全く関係のないところから生まれた言葉でもあるため、定義は存在しません。

どのようなことをするのかというと、簡単に言うと妊娠しやすい体つくりをする活動です。具体的な内容はまた後述していきたいと思います。

不妊治療とは

不妊と診断された方が、その不妊という状態を治すために治療することとなります。不妊とは、避妊をせずに性交渉をしているにもかかわらず、1年間妊娠に至らない場合を指します。その場合、何かしらの原因が体の中に潜んでいるためそれを発見し、治療を行っていくことが不妊治療となります。

もちろん、男性側に問題がある場合もあるので、その場合は男性向けの不妊治療を行います。

現在、インターネットでどちらかの言葉を検索すると、連動して出てくるようになってしまったため、混同することが多くなってしまったのかもしれませんね。

それでは、上記を踏まえて、妊活とはどのようなことをしていけばいいのかご紹介していきます。

妊活の具体的な行動 その1 不妊の検査をする

shutterstock_300641345

妊活をすると意気込んだ際にまずお勧めしたいのが医療機関で不妊の検査をするということです。

あとから説明していく妊活の内容ですが、どの方法も結局は生殖機能が安定していなければ試したところで妊娠できる可能性は上がらないままです。そうなると、いくら頑張って妊活をしていても時間の無駄となってしまいます。

今ではブライダルチェックといった名目で、女性の場合は結婚を意識した段階から婦人科で不妊の検査を行うほど。まずは医療機関で自分の身体をしっかりと診てもらいましょう。

妊活の具体的な行動 その2 基礎体温を測定する

基礎体温

医療機関で不妊の検査を行い、異常がないと分かれば次にすべきなのが基礎体温測定。基礎体温を測ることで、自分の排卵周期を知ることができます。

妊娠が確立するためには排卵日に合わせて子作りをしていかなければなりません。そのため、排卵周期を知っておくことは非常に大切なこととなります。

忙しい朝に測定するのは面倒なところもありますが、習慣となればきっと面倒くささも感じなくなることでしょう。

妊活の具体的な行動 その3 生活習慣を見直す

shutterstock_90148759

妊活で行うことの基本であり、簡単にできるのがこの生活習慣の見直し。

具体的には何をするのかというと、まず1番に言われるのが喫煙や飲酒に関すること。喫煙習慣、過剰な飲酒習慣がある人はその習慣を見直すことで妊娠の確率はぐんと上がります。

また、食生活では規則正しく、バランスのとれた食事を意識することや、適度な運動習慣を取り入れる、十分な睡眠をとりストレスをためないなど本当に基本的なことも実は妊活になるのです。

しかし、食事などはいろいろな情報を見て過剰に意識し、自分で制限をかけてしまうとそれそのものがストレスとなってしまいます。お酒も、食事も許容範囲を広くして、ほどほどにすることで、無理なく妊活を行うことができます。

妊活の具体的な行動 その4 身体を冷やさない

shutterstock_109509839-2

妊活でも特に重要となる項目がこの体を冷やさないということ。冷えによって血行が悪くなると、子宮の機能も下がり、妊娠しにくい身体となってしまいます。

お腹周りだけでなく、手首や足首、首の後ろといった通称3首をしっかりと温め、身体全体がぽかぽかの状態を常に維持することも、妊活にとっては大切なことなのです。

まとめ

妊活は妊娠を希望するすべての女性が対象

妊活と聞くと、既婚女性で妊娠を希望する方だけがするものと思われがちですが、実はそんなことありません。

現在未婚であっても、妊娠を希望しているならば、将来のためにやっておいたって損はないのです。そうすることで、既婚となった時に早めに子どもを授かることだってできるかもしれません。

妊活はほとんど基本的なことですが、その基本的なこと、当たり前のことを当たり前にこなすのは実はかなり難しいもの。自分の生活習慣に無理なく取り入れて、ストレスをためずに妊活をしていってほしいと思います。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
3+

※会員登録やログインは不要です