妊娠するためにセックスは必要不可欠ですが、プライベートな内容なので不妊クリニックなどではなかなか相談しづらいことや、友人同士でも立ち入った話をするのは気が引けると思っておられる方が多いはずです。今回は、意外と知らない“妊娠しやすいセックス3つの条件”をご紹介します。


☆ベビまりセレクション

デリケートゾーン用のソープ
保湿美容ソープ「アンボーテ」

日本で初めてコスモス認証の基準をクリア!オーガニック成分にこだわったデリケートケア用ソープ「アンボーテ」は化粧水に配合されている「ダマスクローズ水」を一番多く配合☆

詳しくはこちら

恥ずかしいけれど知っておきたい“妊娠しやすいセックス”

妊活成功の秘訣はどんなセックスをしているか!?

妊活中はサプリメントや運動、生活習慣など少しでも妊娠力を高めるためにさまざまなことを工夫している女性が多いと思います。今回はその中でも“妊娠しやすいセックス3つの条件”をご紹介します。

妊娠するためにはセックスは必要不可欠のですが、不妊クリニックなどではなかなか相談しづらいことや、友人同士でも立ち入った話をするのは気が引けると思っておられる方が多いはずです。今回は、どのようなセックスをすれば妊娠しやすいと言われているかをご説明いたします。

意外と知らない!?妊娠しやすいセックス3つの条件とは?

医学的裏付けはないけどぜひ排卵期にチャレンジしよう!

“妊娠しやすいセックス3つの条件”をご説明する前にまず大前提としてお伝えしておきます。これからご説明する3つの条件は、医学的根拠や裏付けは残念ながらありません。「実践することで妊娠の可能性が○%アップする」といった目安とのなる情報が存在しておらず、昔からの言い伝えや憶測の域のお話しとなります。

ただし、どの方法も費用がかからずにチャレンジできるので、どうせセックスするなら“妊娠しやすい”と言われている方法をやってみよう!という気持ちでお読みください。

ただし、必ず徹底すべきことは、排卵日の2日前や前日、あるいはその近辺にセックスすることが大前提です。妊娠する可能性がほぼゼロの日に行っても十分な効果が得られません。排卵日近辺の妊娠しやすい日に、妊娠しやすいと言われているセックスを試してみましょう。

それでは“妊娠しやすいセックス3つの条件”をご説明していきます。

妊娠しやすいセックス1. 子宮の位置別おすすめ体位

shutterstock_322362191

妊娠するためには、男性の精子がしっかりと女性の子宮の中に入り込むことが大切ですが、女性の子宮は一般的には前に傾いていると言われています。これは前傾前屈と呼ばれていて決して異常ではありません。前というのは膀胱側を指すため、実際にセックスを行う際の体位を想像すると正常位がもっとも妊娠しやすいとされています。さらに、女性の腰下にクッションを入れて腰位置を高くすることで精子がよりスムーズに入り込むというふうにも言われています。

また、子宮が前屈ではなく後屈、つまりお尻の方に傾いている人もいます。こちらも異常ではありませんが、実際にセックスを行う際は正常位よりも、バックや後ろからの方が良いとされています。

自分の子宮が前傾か後屈かはクリニックの超音波検査や内診などで簡単にわかりますが、先生に質問するのは少し気恥ずかしいかもしれませんね。その場合は、妊娠しづらい体位を避けるように心がけましょう。妊娠しづらい体位は、子宮が下を向いて精子が入り込みにくいようになってしまう、騎乗位や座位など女性が上になっている体位です。

妊娠しやすいセックス2. 気持ちいいセックス

shutterstock_317462582

妊娠するためのだけのセックス、疲れているけどやらないと、という義務感のみのセックスは男性、女性ともに辛い時間だけが流れます。仕事・家事などでへとへとになっている日に排卵期を迎えることは多々あり、いつも準備万端ではないはずです。特に妊活期間が長くなると経験したことのある女性の数は多いはずです。

一方で夫婦お互いをいたわった気持ちの良いセックスは、妊娠する可能性を高めると言われています。理由は3つあります。

  1. 子宮頚管粘液が精子の運動をスムーズにする

子宮頚管粘液は、俗に言う女性の“濡れる”という分泌物のことで、精子が子宮頚管を通る際の運動をサポートしてくれる働きです。ちゃんと気持ちのいいセックスをして、いっぱい濡れることが妊娠しやすくなるのです。

  1. 女性がオーガズムを感じる

オーガズムは俗に言う“女性がイク”というもので、女性がオーガズムを感じると子宮の収縮が発生し、精子をしっかりとキャッチするような働きを行うのです。オーガズムがないからといって不安になる必要はありませんが、気持ちの良いセックスは精子をぎゅっとキャッチするということです。

  1. 男性の精子も勢いよく飛び出る

女性だけが準備万端でも男性の精子がないと始まりませんね。気持ちの良いセックスをすると、パートナーも思う存分気持ち良くなり、元気と勢いのある精子が飛び出ます。体質や体調、個人差によって異なりますが、気持ちの良いセックスと気持ち良くないセックス、どちらが良い精子を排出するかは一目瞭然ですね。

妊娠しやすいセックス3. 終わった後30分程度リラックス

shutterstock_278404025

最後の3つ目は、セックスが終わった後の過ごし方です。膣内に精子がたまった状態なので、いち早くバスルームへ行くなど忙しく動き回っていませんか?できれば30分程度夫婦でまったりと過ごしてみましょう。その理由として、精子が卵管へ到着するまでの時間を邪魔しないということが挙げられます。

膣に精子が入ると、おおよそ5分~10分程度で精子は卵管に到着すると言われていますが、その間「精子、頑張って」という気持ちで少しの間ゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。医学的には根拠はないと言われていますし、動いても妊娠にまったく影響はありませんが、夫婦で楽しい話をしながらくつろぐ時間はとても貴重です。シーツが汚れてもお洗濯をすれば大丈夫なのでたまには気にせずに。

妊娠しやすいセックスは夫婦の気持ちが重要

妊娠だけにこだわらず夫婦の時間を大切に

妊娠しやすいセックス3つの条件をご説明しましたがいかがでしたか?妊活をしていると、良いタイミングでセックスすることに集中してしまい、どうしても義務感が大きくなってしまいがちです。

頑張った成果として早く妊娠したい気持ちは誰でも同じですが、ゆったりとした気持ちで夫婦の時間を持つことが一番大切です。よく耳にする「妊活や妊娠のことを考えないようにしたら妊娠できた」という言葉も、セックスする際の気持ちに良い影響を与えているのかもしれませんね。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
97+

※会員登録やログインは不要です