葉酸の妊娠時期の摂取は2000年から日本でも奨励されているものです。イギリスでは妊娠した女性に葉酸が配られているほどです。葉酸の効果が実際に認められている理由について解説していきます。


葉酸の妊娠に対する効果とは

そもそも葉酸とはいったい何?

葉酸と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

葉酸と言う言葉は妊娠している方や妊活を行なっている方でなければあまり耳にする機会も多くはないでしょう。日本でも妊娠時期の摂取は奨励されているものですが、まだまだ認知度は低くなっています。

あまり聞きなれない言葉ですので、特殊な成分なのではないかと感じている人も多いと思いますが、葉酸とはビタミンの一種です。より正確には水溶性のビタミンB群の一種です。ビタミンB群の一種と呼ばれると、なんだか理解しやすいような気がしますね。

体にとっても必要不可欠な葉酸

このようなビタミンB群の一種である葉酸は体にとっても必要不可欠な成分です。先進諸外国において妊娠中の女性に葉酸の摂取が義務付けられていることも多く、日本でも2000年に妊娠している女性に対し、1日あたり0.4ミリグラムの摂取を奨励しています。

葉酸の効果を考えると、妊娠時期において欠かすことのできない成分であることが分かるでしょう。それだけ葉酸の効果は実証され期待されているものなのです。

葉酸の効果を考えると、妊娠時期における葉酸の摂取はとても重要になってきます。ここでは葉酸について徹底的に検証を行い、葉酸と妊娠の関係について分かりやすく説明していきます。

先進諸外国で摂取を進められている葉酸の効果

葉酸の効果とは

葉酸の摂取は母体の健康だけではなく、胎児の健康にも繋がる成分です。母体に関しては、様々ながんの予防にも有効的だと言われています。欠乏してしまうと貧血が進むと言われています。さらにまた肝心の胎児への健康については、先天性異常を防ぐ役割があると考えられています。

葉酸の効果の一例

  • 貧血の予防
  • 発症する前のがんの予防
  • 胎児の二分脊椎の発症リスクを低下
  • 胎児の神経管閉鎖障害のリスクの低下
  • 胎児の無脳症の発症のリスクの低下

妊娠中の葉酸

妊娠中に葉酸を摂取することは大切です。なぜなら妊娠中の葉酸の不足は胎児に影響を与えると言われているためです。そのためイギリスでは妊娠中の葉酸のサプリメントの摂取が義務になっています。

日本でも2000年から妊娠している女性であれば1日に0.4ミリグラムの葉酸の摂取が奨励されています。

妊娠中に葉酸が不足してしまうと、母体に貧血の症状が出やすくなるだけではなく、胎児においては無脳症のリスクが増加します。それだけではなく、神経管閉鎖障害を起こし重度の場合は死に至る危険性もあります。

葉酸を摂取することにより、二分脊椎の発症リスクを低下させてくれることもわかっています。

それだけ妊娠中の適切な葉酸の摂取は欠かせないものなのです。ただし、葉酸は過剰摂取もよくありませんので、摂取量には注意が必要です。過剰摂取の場合では、発熱や蕁麻疹、呼吸障害に陥る可能性もありますので注意してください。

多く摂取すればするだけ良いものというわけではないのです。

妊活中の葉酸

妊娠中に葉酸の摂取が奨励されていますが、実は妊活中に摂取するのが1番適切な方法と言えます。なぜなら、妊娠期間中に葉酸を一番必要とするのは受精から着床までの期間だと言われています。この時期の葉酸の摂取が一番効果があります。

この時期はまだ妊娠が成立しきる前ですので、妊娠に気が付いている人はいないでしょう。そのため、妊娠が判明する前から葉酸を摂取しておくことが望ましいのです。

葉酸の摂取が妊娠率を高めるというデータはありませんが、葉酸の必要とする時期に葉酸をしっかり摂取しておくためには、妊活中にしっかりと葉酸を摂取しておく必要があるのです。

初期以外でも妊娠期間中に葉酸は必要不可欠ですが、初期の重要性を考えると妊活時には積極的に摂取していただきたいです。

葉酸サプリ

葉酸は水溶性であることから、調理方法や保存方法によって破壊されてしまうことも多く、そのためサプリメントでの葉酸の摂取を行っている方も多いです。

葉酸のサプリメントは数多いので好みのものを選んで問題ありません。サプリメントは過剰摂取を防ぐためにも、成分量のチェックだけは怠らないようにしてくださいね。

食生活の中でもある程度の葉酸を摂取していることを忘れないでください。水溶性ではあるものの比較的過剰摂取によって症状が出やすいと言われています。

薬局やスーパーなどサプリメントを置いているお店では比較的取り扱いが多いですからチェックしてみてくださいね。他のサプリメントと飲み合わせても問題ありません。サプリメントですので薬ではないですから、薬との飲み合わせにも問題がないと言われています。

しかし心配な場合は病院で確認してみてください。

葉酸の多く含まれる食材

葉酸と言えばほうれん草です。葉酸が葉酸と言う名前になったのはほうれん草から発見されたためだからです。その他にも葉酸が豊富に含まれている食材としては、枝豆にキャベツ、ブロッコリーです。さらに果物で言えば、ライチやいちごに多く含まれています。

葉酸はビタミンB群の一種ですから、野菜や果物に多く含まれていますので、食材からの葉酸の摂取を考える場合には、野菜の摂取を行うべきです。

また肉類であればレバーに多く含まれていて、特に鶏レバーには非常に多くの葉酸が含まれています。また鶏レバーには鉄分も含まれていますので、貧血の予防に効果的です。妊娠中は貧血にもなりやすいので、おすすめの食材です。

妊娠するためではなく妊娠した時のために飲もう

赤ちゃんのために欠かせない葉酸

葉酸の効果を考えると分かる通り、赤ちゃんにとって葉酸は欠かせません。もちろん母体にとっての葉酸の効果と言うものも非常に有効的なものになっています。普段あまり聞くことがない成分ですので、不足によってどのような危険性があるのか十分に理解されていないのが現状です。

葉酸は妊娠における様々なリスクを軽減させる効果がありますので、そのことを十分に理解しておきましょう。妊娠を望んでいるのであれば、葉酸の積極的な摂取をおすすめします。葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。水溶性なので蓄積するものではありませんし、普段の食事の中でも摂取しているものです。

ですから妊活期間が長いから葉酸の摂取を辞めなければならないというようなことはありません。長期的に摂取しても問題ないためです。むしろ長期的に安定して摂取している方が葉酸の効果を期待できます。

実際に数多くのデータに基づき、葉酸の効果は実証されていることからも安心ですよね。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です