不妊治療と言いますと、どうしても女性の治療がメインになりがちだと言われています。それでは、男性は不妊治療でどのような事を行うのでしょうか。また女性に原因がある場合と、男性に原因がある場合では、男性の受ける不妊治療の内容は異なるのでしょうか。


男性の不妊治療について

不妊治療は女性だけのものではない

不妊治療が進んでいる現在でも、不妊は女性に原因があり、治療は女性が行うものだと言うイメージを抱いている人は少なからずいます。

しかし、不妊の原因は男性にある場合、女性にある場合、そして双方に問題がある場合の割合で考えると、男性側が原因である不妊の割合24パーセント、女性側が原因である割合は41パーセント、そして双方に原因がある場合は24パーセントだと言われています。

原因不明であることもある不妊ですが、この割合から分かるように男性にも原因がある場合は不妊全体のおよそ半数に渡ります。そのため不妊治療は女性側だけの問題ではありません。

不妊治療は男性に原因がある場合も、そうではない場合であっても夫婦で協力して行う必要があるのです。

男性が行う不妊治療の検査や治療について

精液の検査を受けよう

男性の不妊治療はまず、精液の検査から始まります。これにより男性側に不妊を引き起こす原因があるかどうか調べるというものです。

精液の検査になりますので、一般的に病院内で用意されている個室内で自慰行為によって射精を行う必要がありま

射精を行う必要があるために、検査に乗り気ではない男性が多いです。病院によっては自宅での精液の採取も認められていることがありますが、やはり不妊治療において精液を検査することは初歩的で重要なものです。

  • 精液の検査で分かること
    • 精液の量
    • 精子の数
    • 精子の運動率
    • 精子の奇形率

これらを数値化することにより、妊娠が可能な状態であるのか測定します。精液はいつも同じ濃度ではありませんので、複数回に渡って検査するのが一般的です。それらの平均により妊娠が可能は判断されます。

精子に異常が認められた場合は、その原因を詳しく検査することになります。精子の異常、つまり造精機能障害は、静脈瘤や精嚢奇形が原因である場合などがあります。これらは睾丸の触診や精密検査にて分かります。

原因不明のことも多いのが特徴です。

男性が原因の不妊の場合

男性が原因の不妊にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 精子欠乏症
    これは精液中の精子の数が少ないことが原因です。
  • 無精子症
    これは精液中に全く精子が居ない状態を指します。精子はいませんが射精では精液が出ますので、見た目や臭いでは判断できません。
  • 精子死滅症
    これは精子の運動率が極端に低い場合や奇形が多いことで、精子に受精能力がないというものです。
  • 精子過剰症
    これは精液中の精子の数が多すぎるため精子同士が結合してしまい、受精能力を失ってしまうというものです。

男性不妊の多くは精子欠乏症によるものです。精子の数が少ないため、受精に至らないというものです。また、上記のような精子の異常だけではなく勃起不全による射精障害も男性不妊となります。この場合は主に不妊外来ではなく泌尿器科などで治療を行うことが多いようです。

人工授精を行う場合の男性の不妊治療

男性の不妊治療として人工授精を行うのは主に、膣内射精障害や精子欠乏症の方々です。

人工授精は女性の排卵日に合わせて行います。女性の子宮内に洗浄した精子を注入するという方法です。そのため男性が行うことは、人工授精を行う日に精液検査と同じように射精することで精液を届けるというものです。

人工授精当日に病院内での採取が一般的ですが、仕事の都合などで病院に同行出来ない場合であれば当日に容器内に射精し、妻に病院に運んで貰うことになります。

体外受精を行う場合の男性の不妊治療

男性の不妊治療として体外受精を行うのは主に、精子無力症や精子過剰症のような造精機能障害の方や、射精障害の方です。

体外受精では女性は薬を服用し卵子をしっかりと育て上げた上で、採卵を行います。人工授精では子宮内に精子を注入しましたが、体外受精では女性の体内から卵子を取りだし、精子と卵子を受精させ、体内に戻すというものです。

女性の体から卵子を取りだし、それを再び体の中に戻すのですから女性は痛みが伴います。しかし男性の不妊治療は、精液の検査や人工授精同様、精液の採取のみです。

顕微授精を行う場合の男性の不妊治療

顕微授精では主に、人工授精や体外受精でも妊娠することの出来なかった人が行います。

顕微授精ではほとんど体外受精と変わらない方法で行います。女性は採卵され、男性は精液を採取します。体外受精と顕微授精が異なるのは精子と卵子が受精するのを待つのではなく、受精させるというところにあります。

男性が原因の場合で行う顕微授精は精子無力症などにより受精能力が低いケースが多いです。また無精子症などで精子を探し出して受精させる場合も顕微授精になるでしょう。

男性が行う不妊治療の検査や治療内容は少ない

男性の場合は基本的に痛みを伴う不妊治療はない

上記の治療法を理解すると分かるように基本的に男性の不妊治療は精液の採取に限られます。これは女性が不妊の原因である場合と同様になります。構造的な疾患がある場合は、静脈瘤を切除するなど治療を行うこともありますが、稀であり泌尿器科での診察や外科での手術になるようです。

無精子症のように精子が全くいない場合に限り、精巣に針を刺し、精巣の中に精子が1つでも存在していないか探し出すという治療を行います。この場合は痛みが伴うこともありますが、基本的に男性の不妊治療では痛みを伴いません。

女性が受ける不妊治療では痛みが伴うことも多いですから、その点を理解してお互いの不妊治療をサポートしていくことが望まれるでしょう。

しかし男性の不妊治療では痛みが伴わない分、精液の採取と言った非常にナイーブな側面もありますよね。タイミング法などではセックスの日を指定されますが、セックスで射精を行う日が決まっているというものも精神的に負担になってしまうこともあります。

男性の不妊治療はこのように、それほど大掛かりなことはなくても大変であることに変わりはありません。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です