排卵誘発剤は、妊娠するために重要な「排卵」をコントロールする薬剤として、不妊治療には欠かせないものです。自然妊娠を目指し妊活を頑張っておられる方にとっては、1つステップアップをした際に医師から提案されるものの1つです。今回は、注射の排卵誘発剤について、リスクや種類、費用についてご説明します。


不妊治療でよく耳にする排卵誘発剤

妊活・不妊治療に不可欠な排卵誘発剤の注射

妊活や不妊治療に取り組んでいる女性であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれない「排卵誘発剤」。

妊娠するために重要な「排卵」をコントロールする薬剤として、不妊治療には欠かせないものです。自然妊娠を目指し妊活を頑張っておられる方にとっては、1つステップアップをした際に医師から提案されるものの1つに、排卵誘発剤の注射があります。

今現在使用されている方も、これから使用する可能性がある方も、注射の排卵誘発剤についてぜひ参考にしてみてください。

排卵誘発剤の注射ってリスクあるの?

排卵誘発剤とは?

排卵誘発剤とは、女性の卵巣で卵子が排卵することを促進する薬剤です。妊娠において排卵はとても重要で、万が一無排卵の場合は妊娠できなくなってしまいます。また、何らかの原因で排卵がスムーズにいかない場合などに、手助けとなるものが排卵誘発剤です。

排卵誘発剤は、不妊クリニックや婦人科などで治療中に様子を見ながら使用していくもので、不妊治療に必要不可欠の薬剤と言っても過言ではありません。

排卵誘発剤には内服剤と注射の2種類あります。排卵を誘発する力としては、内服剤よりも注射の方が高く、より強力に排卵しやすくします。また、その力の高さから、高度不妊治療にも使用されています。

今回は、注射の排卵誘発剤について種類やそのリスク、どれぐらいの費用がかかるかをまとめました。

排卵誘発剤(注射)の種類

それでは、注射の排卵誘発剤の種類を見ていきましょう。2種類あります。

(1)hMG注射

hMG注射は、卵巣を直接刺激し、卵子を含めた卵胞を育てる作用があります。
一般的な内服薬の排卵誘発剤は、卵巣ではなく脳下垂体を刺激することでホルモンを分泌させますが、hMG注射の場合は卵巣を直接刺激することが特徴です。そのため、内服薬よりも作用する力が高い手法です。
卵胞を育てることをサポートする注射なので、体外受精の準備として卵子をしっかり育てるために使われることもあります。

また、同じ働きを行う内服薬「クロミッド」は子宮内膜が薄くなる副作用が認められていますが、hMG注射の場合はその副作用がありません。そのため、クロミッドの代わりや併用してhMG注射が使われることもあります。

hMG注射の使用方法としては、月経開始後3~5日目から開始します。そして、その後1週間から10日間程度連続して使用することが特徴です。連続して使用する理由は、この製剤の効果が1日程度であることと、継続して卵胞を育て続けるためです。
なお、hMG注射はhCG注射とセットとしてよく使われます。hMG注射で卵胞を育て、hCG注射で排卵させるという使い方です。

(2)hCG注射

hCG注射とは、排卵を促進させる注射です。hMG注射と同じく卵巣を直接刺激します。
本来、排卵は、卵巣内で卵胞が十分に育った後、脳下垂体からホルモンを分泌して排卵を迎えます。脳下垂体から分泌されるホルモンは、黄体ホルモンです。ところが、この黄体ホルモンの分泌が少ない場合や何らかの障害がある場合はなかなか排卵しない状況に陥ってしまいます。
hCG注射は、黄体ホルモンを補充することで排卵を促します。

hCG注射が使われるタイミングは、排卵日の直前です。クリニックで医師のエコー検診により卵胞がしっかりとした大きさになっていることを確認すると、hCG注射を行い、その後24~36時間後に排卵が起きるとされています。

本来排卵はいつ起こるか特定することはできませんが、hCG注射によりある程度排卵日を特定することができ、夫婦でタイミングを取ることができるようになります。これにより受精の確率を高めることができます。

排卵誘発剤(注射)にかかる費用は?

排卵を誘発させ、しかも注射ということで、自費診療の多い不妊治療として高額なイメージがあるかもしれませんが、決して高額ではありません。注射の排卵誘発剤は健康保険が適用されるためです。

1回あたりの注射の費用は、1,000円から2,000円程度です。

ここぞというときに排卵させるためのhCG注射であれば、たいてい1ヶ月に1、2回です。

ただし、hMG注射については卵胞を育てる薬剤ということもあり、最大10日間程度継続する可能性があります。その場合、1ヶ月で最大20,000円程度かかります。体外受精の場合は、良質な卵子を育てるために一定期間、hMG注射を受けるのが一般的です。

しかし、高いからといって使用日数を減らすといったことは、本来の目的とは異なるためおすすめできません。

医師とよく相談し、費用を把握しておくと安心ですね。

排卵誘発剤(注射)のリスクは?副作用はあるの?

薬剤を使用するため、副作用やリスクは存在します。大きなものとして2つあります。

(1)多胎妊娠

いわゆる双子、三つ子などです。

私自身もhMGとhCGをフル活用して不妊治療をしていますが、過去に2度、卵胞が2つ育っていることがエコーでわかり、「双子のリスクがある」と医師に言われたことがあります。

多胎妊娠の確率は自然妊娠であれば1%以下です。ところが、排卵誘発剤の注射を用いていると20%以上に上がります。ちなみに内服薬の排卵誘発剤の場合は5%程度です。注射の排卵誘発力がいかに高いかを表しています。

(2)卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

注射の排卵誘発剤は、卵巣を直接刺激して卵胞を育て排卵します。そのため刺激された卵巣が、大きく腫れあがる症状を指しています。重症になると、腹水や胸水がたまり呼吸が困難になってしまうこともあります。

最近では、不妊治療技術が高まったことで、卵巣過剰刺激症候群に対してのリスクは大きく回避できていると言われています。

排卵誘発剤の注射を使った不妊治療

メリットとリスクをしっかり認識して利用しよう

不妊治療を進めていく中で、内服薬や注射での処置は頻繁に起きうるものです。薬や薬剤は化学的な物なので、多少なりともリスクや副作用は存在します。その一方で、なかなか子どもに恵まれない場合、内服薬や注射による処置が受精の確率を大きく高めてくれるのも事実です。

リスクや副作用だけを見ると怖く感じるかもしれませんが、メリットとリスクの両方をしっかり理解して上手に活用してみてはいかがでしょうか。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
2+

※会員登録やログインは不要です