不妊治療は自己負担がかなり多いことで知られています。2016年10月、日本生命より不妊治療に関する業界初の保険商品が登場しました。その名も、「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保証保険“Chouchou!(シュシュ)」。出産給付金や特定不妊治療への保障がついている珍しい保険ですが、どのような内容でしょうか?


ついに登場!業界初の不妊治療保険

治療中の夫婦をきちんとサポートできるか

かわいい赤ちゃんを夢見ていざ乗り出した不妊治療ですが、毎回かかる高額の治療費と、心身へのストレスで負担を感じる夫婦がたくさんいます。

そんななか、2016年10月、日本生命保険は日本初の不妊治療保険をリリースしました。どんな内容の保険なのか、詳しく見ていきましょう。

不妊治療保険の中身を覗いてみましょう

気になる保障内容は?

男女ともに晩婚化が進んでいる現代。不妊の検査や治療を経て、高齢化出産に臨む夫婦が増加しています。今や約6組に1組の夫婦が不妊治療を経験しているなか、実際に赤ちゃんを授かれたカップルは果たしてどれぐらいいるのでしょうか?

不妊治療の費用については、国や自治体が一部負担してくれるとはいっても、自己負担がかなり多いことで知られています。費用のため治療の継続を諦めようか否か、悩む一因にもなっているかもしれません。hoken-nisseiそんななか2016年10月2日、日本生命相互保険会社より不妊治療に関する業界初の保険商品が登場しました。その名も、「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保証保険“Chouchou!(シュシュ)」。同保険は、通常の3大疾病の保障に加えて、出産給付金や特定不妊治療への保障がついている珍しい保険です。

特定不妊治療とは、「体外受精」と「顕微鏡受精」の2種類の事を言い、それぞれ治療を受けた場合、1回あたりの治療費が約30万円、約40万円かかります。国からの公的助成が1回につき15万円(※)、住んでいる市区町村によって公的補助を実施しているところだと、1回につき数万程度の金額が適用されますが、残りの負担額や継続的に同レベルの治療をこなしていくことなどを考えると、やはり各家庭にのしかかってくる経済的ストレスははかり知れません。

ニッセイの同保険では、採卵・胚移植などの不妊治療を行った場合、1回につき5万円(1~6回目)、7回目以降12回目までは1回につき10万円の給付金が出ます。また、不妊治療の有無にかかわらず、被保険者が出産をした場合、1回目は10万円、2回目以降も20万円ずつ加算された給付金が用意されており、5回目以降からはなんと100万円の給付金が提供されます。

新しい家族が増えて色々物入りの時期であっても、うれしいサポートがあって助かりますね。

※不妊治療のための国からの公的補助は、所得、年齢など一定の条件を満たした対象者に給付されます。給付金の上限額は初回30万円、2回目以降は15万円。給付回数は40歳未満は6回、40歳以上は3回まで認められます。

1か月の掛け金はどれぐらい?

shutterstock_448802068

さて、「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保証保険“Chouchou!(シュシュ)」の1か月の掛け金はどんなものでしょうか?

まず、同保険は加入できる年齢が16歳~40歳までの女性と決まっています。さらに年齢によって、保険期間が10年、15年、20年と選択でき、当然年齢が若いほど保険の掛け金は安くなります

たとえば「16歳女性・保険期間10年」の条件で1カ月掛け金9,537円に対し、最高齢の「40歳女性・保険期間10年」になると、1か月10,869円と掛け金も上がります。保険加入を検討する際は、誕生日が来て年齢が上がってしまう前に手続きを済ませることをおすすめします。

不妊治療保険で注意しておきたいこと

shutterstock_109274378

  • 不担保期間にご注意

「不担保期間」という言葉をご存知ですか?これは保険対象外になる期間の事。今回の保険でも、出産給付金が出るまでに「不担保期間1年」、特定不妊治療の給付金の場合は「不担保期間2年」と定められているので注意が必要です。加入してすぐに、給付金をあてにしての不妊治療を始めてしまうと家計が破たんしかねないので、ぜひ気を付けておきましょう。

  • 加入年齢によって加入期間が変わる

前述したように、同保険は16歳~40歳までの女性が加入対象となります。加入した時の年齢によって保険の加入期間が選べる仕組みになっています。たとえば16歳~34歳までは加入期間10年、15年、20年の3つのうちから選択できますが、35歳~39歳までは10年、15年、40歳では10年の期間のみになります。

現在、国で実施されている公的補助は43歳未満の女性までが対象となるため、40代での妊活をまだ検討されている方は、このような不妊治療保険の検討をされるとよいかもしれません。

  • 一般不妊治療は該当しない

今回の不妊治療保険では、給付対象となる治療とそうでない治療があるので、いまいちど注意が必要です。給付対象となっているのは、特定不妊治療(「体外受精」および「顕微鏡受精」)の過程で施術された採卵、胚移植になります。タイミング法や人工授精などの治療は、支払い対象外となるので、あらかじめチェックしておきましょう。

不妊治療保険、一考する価値ありです

治療のストレス軽減の一助になるかもしれません

今秋販売開始される、業界初の不妊治療保険

hoken-nissei通常の3大疾病保険にプラスした形で、特定不妊治療をサポートする保障内容になっています。

ただし加入できる年齢は40歳まで。40代以降も妊活を続ける可能性があるならば、一考する価値はあるかもしれません。

経済的にも体力的にも、夫婦に大きな負担がのしかかる現在の不妊治療。このような保険を活用することで少しでも負担が減り、いつか可愛い赤ちゃんに出会える日がくればいいですね。

出典:ニッセイHPより

ニッセイHP

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です