体外受精にかかる費用は一体どのくらいかご存知でしょうか。クリニックによって値段は変わりますが、大体は1回の体外受精で30万~50万が相場です。不妊治療専門のところですと60万~80万かかるところもあります。助成金を用いて具体的にどうしたら体外受精の費用を安く済むかを徹底的にお教えします!


知らなきゃ損!体外受精でかかった費用を返金してもらおう

どうしたら体外受精の費用はかえってくるの?

体外受精体外受精は保険外な上に高額な医療費がかかるにも関わらず、高額療養費制度が適用されません。かかった費用はすべてご夫婦が負担することになります。

そんなあなたに朗報。高額な医療費を助成制度・確定申告・ローン・地域別助成制度などの利用で負担額を減らしましょう!実際どのくらい負担額を減らせるかを紹介していきます。

体外受精の相場徹底解明!合わせて知ろう助成制度

体外受精にかかる費用

クリニックによって金額は変わりますが、平均として30万~50万円が相場となっております。

費用が30万~40万のクリニック

コストのかかる受精卵の凍結・融解・管理費を費用に入れていないところが多いです。それから、顕微授精はこれに当てはまらないと考えて良いです。

大学病院(特に国公立)は比較的に費用が安いのでここに該当します。

費用が40万~50万のクリニック

一般的な体外受精の相場といったらこちらが目安になります。顕微授精も安いところですとこのくらいの費用になります。技術的にも満足のいく治療が受けれる可能性が高いです。

費用が50万を超えるクリニック

殆どが不妊治療専門を看板に掲げているクリニックになります。最先端技術を用いているので治療費は高額になっていますが、その分成功率も高くなっています。

卵子の質が悪い・年齢的なリミットがきているなど特定の問題がある人にはこちらが向いています。

費用が30万以下のクリニック

採卵・移植のみの費用しか説明していない場合が多いと考えられます。採卵する際の入院費や培養に必要なコスト、受精卵の保管費用は別途負担など追加で費用がかかる場合が多いです。

(参考)顕微受精とは

体外受精では卵子に精子を振りかけて自然に受精するのを待ちますが、顕微授精は顕微鏡で見ながら卵子の中に直接精子を注入します。
kenbijyusei

活用しよう!体外受精に使える助成金

不妊治療は「初診」「再診」「一般不妊治療の一部」を除き保険が効きません。しかしながら、体外受精のような高額な費用がかかるのにも関わらず高額療養費制度の対象外なのです。

そこで国が実施している助成金を使用することで多少の還元を期待できます。

1度の不妊治療で15万円が支給されます。ただし、回数にリミットがあるので最大45万~90万の補償を受けられます。

また、助成金とは別にこのような制度もあります。

1.不妊治療ローン

銀行の融資です。30万~最大200万円までローンを組むことが可能です。銀行により条件があるので、それぞれの銀行に直接聞くのがおすすめです。

2.医療費控除

医療費控除の確定申告です。1年間の医療費の金額が10万円を超えていたら医療費控除が使えます。(※ただし年間の所得額によって変わる場合もあります)

合計した医療費額から10万円を差し引いた金額の約10%(※世帯収入によって異なります)が戻って来ます。

3.地域別の助成制度

市町村区が実施している助成制度です。国で行っている助成制度とは別なので、一緒に申請することが可能です。返金額はお住まいの市町村区で異なるので、直接問い合わせしましょう。

助成金の申請方法

1.保健所で必要書類を用意

  • 特定不妊治療費助成事業申請書(ご夫婦で記入をします)
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(医療機関が記入をします)

2.市町村区役所での必要書類

  • 住民票(申請日から3か月内のもの※マイナンバーが記載がないもの)
  • 戸籍謄本(申請日から3か月内のもの)
  • 住民税課税証明書もしくは住民税額決定通知書のコピー

3.かかりつけのクリニック

  • 実施した病院での領収書のコピー(保険適用外診療分)

助成金を受け取れる対象者を教えて!

厚生労働省が発表した平成28年4月1日以降の、高度医療医療行為を対象とした助成制度を説明していきます。すべて平成28年4月から実施される助成制度についてです。

1.対象者

体外受精でしか妊娠見込みがないと判断されている、法律上婚姻関係を結んでいる夫婦のみ活用できます。

2.費用

1回15万円(※採卵を行った際、卵を得られなかった場合は7.5万円)

3.年齢

今までは妻の年齢関係なく対象でしたが、今回の制度で女性側の年齢が43歳未満になりました。

4.年間助成回数

年間助成回数が2回まででしたが(初年度は3回まで)、新制度は年間助成回数の限度がありません

※ただし、通算年齢回数の限定が設置されました。

5.通算助成回数

年齢別に通算助成回数が設置されました。

  • 40歳~43歳:通算3回まで
  • 40歳未満:通算6回まで

※いずれも初回年齢の数値を基準としています。たとえば、40歳で初めて体外受精を行えば43歳になる年まで3回助成制度を活用できます。

6.期間

通算助成期間が5年と定められていましたが、新制度は期間の限定がありません

※ただし、平成27年3月までに5年以上、助成金を使用していた人は、通算回数が6回未満でも新制度の活用はできません。

7.所得制限

730万(夫婦合算の所得額が730万を超える場合は助成制度を使用できません)

これでバッチリ。体外受精の費用はこんなもの

もう迷わない!クリニック選びは慎重に

体外受精の費用はクリニックによって異なることをお伝えしてきました。

クリニック選びの基準の1つとして具体的な費用はとても重要な決め手だと思います。しかし、実際のところ高いところを除いて大体は40万~50万前後だと言うことが分かります。

特に体外受精の費用が安めに設定されているところは追加費用がかかる場合が多いので、クリニック選びには気を付けましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
2+

※会員登録やログインは不要です