妊活で頑張る人必見、疲れた体を癒すための7つの癒しを紹介します。テーマは「体内美人」
疲労回復、卵巣機能向上、リラックス効果、ダイエット効果など嬉しい効果が盛りだくさん。疲れた体を癒して元気を回復しましょう。


疲労は体のSOS!元気な体を取り戻せ

疲れは卵巣機能を低下させる?

最近イライラしている回数が増えていませんか?終わりが見えない妊活は自分が思っているよりずっと体を疲弊させています。疲れは余裕をなくし些細なことで怒りを感じやすくなります。

そしてストレスで自律神経が乱れると卵巣機能の低下にも繋がる恐れがあるので妊活する人にとってこれほど怖いものはありません。

7つの癒しで身も心もリフレッシュし、疲れた体を癒してあげましょう。

妊活に疲れた人必見!7つの癒しでリフレッシュ

おでかけ編

Two Women; sitting
Two Women; sitting / kohlmann.sascha

妊活で疲れた体を癒すための7つの方法をお教えします。「おでかけ編」と「生活編」の2種類の方法で疲れた体を復活させましょう。

1.鍼灸

鍼灸をすることでホルモンバランスが整い妊娠する確率が上がる効果が期待されています。

疲労回復や卵巣機能の向上も期待できるので疲れた体を元に戻してくれること間違いなしです。妊活の人向けの鍼灸院も増えてきているのでこの機会に鍼灸をやってみませんか。

2.子宝温泉

温泉には妊活の人に嬉しい効果がたくさんあります。体内の老廃物を排泄してくれたり、疲れた体を癒してくれ、そして生殖機能の効能を上げるのです。

子授けのご利益があるとされる子宝温泉で縁起を担いでエネルギーチャージしましょう。

子宝温泉Best3

1.伊香保温泉(群馬県)

群馬県と言えば草津温泉が有名ですが、他にも伊香保温泉があります。伊香保温泉には湯の色が特徴の『黄金の湯』と無色透明な『白銀の湯』と2種類あります。

黄金の湯では冷え性や血行を良くしてくれ、白銀の湯では疲労回復や健康増進の効果があります。体を芯から温め血行を促すので子宝の湯として絶大な人気があります。

2.城崎温泉(兵庫県)

城崎温泉と言えば「名湯七つの湯めぐり」が有名です。

それぞれの温泉の効果として合格祈願、商売繁盛、良縁成就、家内安全、不老長寿、子授安産があります。

子宝として有名なのは「柳湯」です。ぜひ、城崎温泉で七湯めぐりをしながら子宝祈願もしてみてはどうでしょうか。

3.みなみ子宝温泉(岐阜県)

子宝温泉があるところが日本の人口重心地、つまり日本の「ヘソ」にあたることから縁起が良いとされているこの温泉にご利益を与りたいと日本全国から訪れるほど人気があります。
大自然溢れる中にある温泉なので子宝と癒しを求めている人にはまさにうってつけの場所です。

3.子授け神社

全国に多々ある子授け神社に行き参拝してみましょう。「え?神頼み?」と疑問に思われるかもしれませんが、実は科学的根拠があります。

お祈りするときに幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が多く分泌されると研究結果で証明されています。オキシトシンは精神安定や疲労回復の効果があるので妊活に疲れた人にとってまさに願ったりかなったり。

子授け神社Best3

1.水天宮(東京)

東京中央区にある水天宮です。実は総本宮は福岡にあり、東京にあるのは分社なのですが、祭神は同じです。毎月5日が「縁日」となっています。

子授けお守りや、子授け祈願などが出来ることから妊活のカップルに人気があります。

2.夫婦木神社(山梨県)

縁結び・子授けで有名な神社です。神社の名前である夫婦木(みょうとぎ)とは樹齢千年の栃の木のご神木です。子宝の欲しい夫婦が揃って祈願すれば必ず授かると云う、伝えがあることから夫婦木に訪れる夫婦は後を絶ちません。

3.日照山 極楽寺(徳島県)

神社ではなくお寺です。四国八十八箇所霊場の第二番札所である極楽寺では子授け祈願が出来ます。子授招福大師にお願いをすればどんな願いも叶えてくれると言われています。

4.骨盤矯正

骨盤のゆがみを直すことによって生殖機能の向上を目指します。妊活を休憩しようか考えている人にうってつけ。

骨盤矯正はすぐに改善するものではないので長期的な期間をかけてゆっくりと正しい位置に戻します。身も心もリフレッシュしてまた妊活に励めるよう骨盤矯正をおすすめします。

生活編

Camp Women 2
Camp Women 2 / mknobil

5.温かい飲み物

人は温かいものを摂取すると自然と筋肉がほぐれてきます。これは血流の流れが良くなっている証拠なのです。特に暖かい飲み物は疲れた体をほぐしてくれ、妊活にもいいとされる卵巣機能を回復してくれます。

☆ルイボスティー

ルイボスには卵子の質をあげてくれる成分が含まれています。

☆たんぽぽ茶

たんぽぽは漢方にも用いられている薬草です。卵胞の発育に効果があります。

☆ザクロ茶

ザクロは生理不順を正してくれる効能があります。冷えの改善にも効果があります。

6.半身浴

半身浴をすることで体中の血行をよくしてくれます。疲れた体に入浴は最適ですし、子宮の冷えを改善してくれるので一石二鳥。

なぜ、半身浴なのかと言いますと、全身浴だと長時間入浴するのに不向きなうえに、疲れが増加しやすいからです。

ここでは半身浴をする上での注意点を紹介していきます。

1.入浴する前に必ずシャワーで体を暖める

いきなり浴槽に入ると体がびっくりしてしまいます。血圧を上げないためにもまずはシャワーで体をキレイにしてから入るようにしましょう。

2.温度は38度~40度

入浴時の適温は38度~40度です。20分以上つかるようにしましょう。10分未満ですと体が芯まで温まらないので時間がないときでも10分以上はつかるようにしてください。

3.お風呂上りは必ず白湯を

お風呂で大量の汗をかいたので体は水分を欲しています。お風呂上りは白湯を飲みましょう。冷たいお水は体に浸透しやすいですが、体の内部を冷やしてしまう恐れがあるので人肌ていどの温度にすることをおすすめします。

7.アロマオイル

妊活は想像以上にストレスがたまります。そんなときこそアロマオイルの出番です。嗅覚を通して伝わる情報は脳に直接刺激を与えます。

アロマオイルには疲れを回復させる効果があり、実際に自然療法としても使われています。アロマオイルを使って妊活で疲れた体を癒してあげましょう。

☆枕元に

就寝時、枕に精油を1,2滴垂らしてみましょう。直接垂らすのに抵抗がある人は、ティッシュにオイルを垂らして軽く拭いてみるだけでもOKです。

おすすめの香りは「ラベンダー」と「シダーウッド」です。鎮静作用があるので安眠効果を期待できます。

☆入浴に

浴槽にアロマオイルを数的垂らすだけで準備完了です。おすすめの香りは「ベルガモット」と「グレープフルーツ」などの柑橘系です。ベルガモットは抗うつ作用、気分をリフレッシュさせる働きがあるので、体を芯から元気にしてくれます。

一方グレープフルーツにはダイエット効果があり、セルライトを消してくれます。

☆マッサージに

こちらは直接オイルを肌につけることはしてはなりません。肌を傷つける原因になります。キャリアオイルと言われる様々な植物油で、1パーセントに希釈してマッサージに使うようにしてください。

はじめは難しいかもしれないので、アロマショップで調合されたものを購入するのもいいですし、もしくは店員さんのアドバイスに従って調合すれば失敗が少なくおすすめです。

おすすめの香りは「ジュニパー」と「ローズ」です。ジュニパーには血行をよくし血液をサラサラにしてくれるので冷えの改善に向いています。

また、ローズには美白効果があり、ホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

もう怖いものなし。身も心もリフレッシュ

妊娠に繋げる7つの癒し

妊活をしていると中々結果がでず、落ち込んだり悲しんだりを繰り返してしまいますよね。そうしていく内に体はどんどん疲れがたまり気分も下がる一方。

そんなときこそ7つの癒しを行って疲労回復をしてみましょう。体と心のリフレッシュで元気をたくさん回復させ卵巣機能を向上し、妊娠に繋げましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です