妊娠18週になると本格的に胎動を感じる人が多くなる時期となります。赤ちゃんもますます動きが活発になるこの時期は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?


妊娠18週ってどんな時期?

妊娠18週になると本格的に胎動を感じる人が多くなる時期となります。また、赤ちゃんもますます動きが活発になるだけでなく、声の聞き分けもできる時期になってくるのです。

さらに、人によってはこの時期に性別が判明したという人もいます。今回は、妊娠18週目の妊婦さんと赤ちゃんの様子についてまとめました。

妊娠18週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠18週の赤ちゃんの様子

20170117_002

<妊娠18週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさ(頭殿長)は、130mm~180mmほど
  • 体重は150~200gほど
  • エコー写真でもパーツがしっかりと見えるほど、身体の部位もくっきりとできてくる
  • 生殖器もほぼ完成している
  • 脳神経がさらに発達し、五感を司る前頭葉が発達する
  • 自分に受けた刺激を赤ちゃんが理解できるようになる

内耳も完成するため今までよりも耳の聞こえが良くなり、お腹の外の音を聞き分けることができるようになります。音の高さの聞き分けもできるため、お父さんとお母さんの声を聞き分けることも可能となるのです。

妊娠18週の妊婦さんの症状

20170117_003

お腹もどんどん大きくなり、引き続き腰痛や下半身の浮腫みに悩む人も増えてくる時期となります。また、お腹の大きさによっては腎臓や肺などの内臓にも負担がかかるころとなります。

引き続き血液成分は少ない状態ですので貧血症状に悩まされる人も増え、めまいや立ちくらみ、息切れを訴える人が多くなります。

しかし、この時期は嬉しいことに早い人では胎動を自覚できるようになります。お腹が空いてないのにお腹がころころとなった感じがするといったように胎動を自覚できるようです。

さらに、この時期は赤ちゃんに栄養を優先して回す時期となるため、低血糖になることもあるようです。

流産の確率は減るもののゼロではありません。妊娠初期は赤ちゃんが流産の原因となっていたものの、妊娠後期と言われるこの時期からは、流産は母体由来の流産となる場合が多いです。出血や腹痛、破水などが見られた場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

妊娠18週頃に気を付けたいこと

20170117_004

妊娠18週も引き続き体重増加には注意しておきたい時期ですので過度な体重増加には注意しましょう。

栄養が赤ちゃんに回り、特に糖が少なくなるこの時期、果物や炭水化物などお菓子ではなく食事から糖を積極的に補給していきましょう。

またお腹がどんどん大きくなるため、腰痛予防のバンドなどを使用するのも良いでしょう。

さらに、流産を予防するためにもヒールなどの靴を避けて歩くときはゆっくりと歩き、疲れたらしっかりと休むようにしていきましょう。

体調がさらに安定してくる18週目。体調に合わせて無理のない生活を送っていきましょう。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です