妊娠23週になるとお腹はますます大きくなり、それによりお母さんは身体の負担が増え始める時期となります。赤ちゃんも外に出るための準備を少しずつ始めるこの時期は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?


妊娠23週ってどんな時期?

妊娠23週になるとお腹はますます大きくなり、それによりお母さんは身体の負担が増え始める頃となります。

赤ちゃんも外に出るための準備を少しずつ始める時期となりますし、お母さんの身体もさらに母親らしくなってきます。

妊娠23週目の妊婦さんと赤ちゃんの様子についてまとめました。

妊娠23週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠23週の赤ちゃんの様子

20170127_002

<妊娠23週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさ(頭殿長)は、250mm~300mmほど
  • 体重は450~700gほど
  • 筋肉が発達してくるため赤ちゃんの動きはさらに活発で強くなり胎動として感じるようになる
  • 日常生活の音にも慣れ始める
  • 肺の毛細血管も発達して呼吸をする練習もできてくる

妊娠23週の妊婦さんの症状

20170127_003

お腹はさらに大きく、重くなってくることによって尿漏れを経験するお母さんがいます。

ここからは尿漏れを経験する機会も増えてきますが、明らかにアンモニア臭がしない場合は破水している可能性もありますので、性状など注意してみておきましょう。

また、ホルモンバランスによって身体全体の皮膚が弱くなって痒みが出る妊娠性皮膚掻痒症になる時期となります。ここで掻き壊してしまうと色素沈着を起こす可能性があるため注意が必要です。

さらに、乳頭から母乳の基となる分泌液が出てきた経験をするお母さんが出てくるのもこの時期からです。出てきた母乳を放っておくと、乾燥し、乳頭亀裂という症状を引き起こす可能性があります。分泌物は柔らかいガーゼやティシュなどで不定上げるようにしてください。

22週からは、赤ちゃんは生まれてしまっても外の世界で生きていける可能性があるものの、早い段階で生まれてしまっても臓器が未熟であることから早ければ早いほど重篤な障害が残る可能性がでてきます。

引き続き出血や腹痛、破水やお腹の張りが続くなどが見られた場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

また、この時期頃より臍帯過捻転を起こす可能性があります。原因はまだはっきりとわかっていませんが、これが起こることによって胎児に栄養が行き届かなくなり発育不全や命に関わる可能性も。胎動が半日感じられなかったら医療機関に相談しましょう。

妊娠23週頃に気を付けたいこと

20170127_004

妊娠23週も引き続き体重増加には注意しておきましょう。非妊娠時より+6kgの増加が理想とされています。

また腰痛予防も引き続き行いましょう。

この時期の皮膚の掻痒感に対しては保湿をすることが有効です。特に妊娠23週を冬に迎える妊婦さんは例年以上に念入りに保湿をしましょう。

また、もともとアトピーなどで皮膚トラブルがある人も、治療薬にステロイドが含有されていると使用できないこともあるため、保湿は念入りに行い皮膚トラブルの予防をしていきましょう。

また、この時期からは無理に動いたりせず家事でも重労働はパートナーに任せるようにしましょう。
夫婦で協力し合って無理せず妊娠生活を継続してほしいものです。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です