妊娠24週になるとお腹はますます大きくなり、赤ちゃんの動きも活発になる時期となります。赤ちゃんが外に出て生活するための準備も始まるこの時期は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?


妊娠24週ってどんな時期?

妊娠24週になるとお腹はますます大きくなり、赤ちゃんの動きも活発になります。赤ちゃんは外に出て生活するための準備も始まります。

妊娠24週目の妊婦さんと赤ちゃんの様子についてまとめました。

妊娠24週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠24週の赤ちゃんの様子

20170129_002

<妊娠24週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさ(頭殿長)は、300mm~350mmほど
  • 体重は700g前後ほどで1000gを超えることも
  • 皮膚にも毛細血管がめぐる
  • 白色半透明だった肌はうっすらピンク色になる
  • 鼻と肺がつながるようになる
  • 外の世界に出るのに向けて呼吸をする練習をする

胎動もさらに活発になり、お母さんのおなかを蹴ったりパンチしたりという仕草も見られるようになります。

妊娠24週の妊婦さんの症状 

20170129_003

お腹はさらに大きく、重くなってくることによって尿漏れを経験するお母さんが増えてきます。

さらに、大きくなって骨も発達している赤ちゃんの胎動によって膀胱などが蹴られ痛みを感じる場合もあります。

子宮がどんどん上に押し上げられてきていることによって胸やけを感じるお母さんもいます。

また、ホルモンバランスによって身体全体の皮膚が弱くなって痒みが出る時期ですが、皮膚だけでなく目も乾燥し、ドライアイとなりやすいのもこの時期です。

お腹が大きくなったことで、寝苦しくなるお母さんも増え、この頃より仰臥位で寝るとおなかの重みで血圧が下がる仰臥位低血圧症候群となる可能性も出てきます。

まだまだ生まれてきてしまっても重篤な障害を残す可能性が否定できない時期です。引き続き出血や腹痛、破水やお腹の張りが続く、胎動が半日以上感じられないなどが見られた場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

妊娠24週頃に気を付けたいこと

20170129_004

妊娠24週も引き続き体重増加には注意しておきましょう。非妊娠時より+7kgの増加が理想とされています。

この時期より赤ちゃんに優先的に糖分を送り込むようになるため、お母さんは脂肪を燃焼してエネルギーに変えます。

それもあって食べる量が増えてくるため、食べすぎには特に注意です。胸やけがある場合は何回かに分割して食事を摂ることがお勧めです。

また腰痛予防も引き続き行いましょう。

寝るときはお腹を上にせず、横にして寝る、抱き枕を活用するなどして寝方には気を付けていくようにしましょう。

引き続き皮膚の保湿をするだけでなく、パソコン仕事をする人は目の乾燥にも気を配るようにしましょう。

また、ここからはさらにお腹が大きくなり1人で動くのがさらに辛くなります。美容室やお買い物などは今のうちにやっておくといいでしょう。

赤ちゃんの成長をゆったりと感じられるこの時期、赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら楽しく妊娠生活を継続してほしいものです。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です