妊婦さんがカフェインを控えた方がいいことは多くの方がご存じです。しかし、妊娠に気づく前にカフェインを摂取してしまった、今まで多くのカフェインを摂っていたから急にやめるのは大変と慌てる方もいると思います。なぜ妊婦さんはカフェインを控えるべきなのか?初期に摂取しても大丈夫なの?といった疑問にお答えします。


妊娠初期とはいえカフェインを完全に避けるのは難しい!

カフェインってどんなもの?

現在、子育て休業中のママさん女医のあっきーです。どうぞよろしくお願いいたします。

妊婦さんはカフェインを控えた方がよいのは皆さんご存知でしょうか?カフェインとは、コーヒーやお茶、紅茶や栄養ドリンクに含まれるもので、神経を興奮させる作用があります。

コーヒーを飲みすぎて、夜眠れなくなった経験のある方はいらっしゃいませんか?それは、実はカフェインの作用によるものなのです。

他にも利尿作用や脂肪燃焼作用も認められており、飲料品としてだけではなくチョコレートや頭痛薬などの医薬品にもに幅広く使われています。カフェインは幅広い作用と使用法があるのです。皆さんの生活の中でも、カフェインを全く摂らないということは、相当意識的に避けなければ不可能ではないでしょうか?

妊娠初期とカフェイン摂取

なぜ妊娠中はカフェインを避けるの?

なぜ妊娠中はカフェインを避けるのでしょうか?それはずばり、お母さんが摂ったカフェインが赤ちゃんに直接まわってしまうからです。

通常、カフェインを摂取した人は、血の中にカフェインが取り込まれ、時間をかけて肝臓で分解されて、主に尿酸となって尿と共に体の外へ排出されます。

しかし、胎盤が出来上がる妊娠初期以降は、妊婦さんの血液中の物質は胎盤、へその緒を通して、赤ちゃんに渡されます。すべての物質が胎盤を通って赤ちゃんにいってしまうわけではないのですが、カフェインは簡単に胎盤を通って赤ちゃんに渡されてしまうことがわかっています。こうして、カフェインは赤ちゃんの体内に取り込まれてしまうのです。

さらに、カフェインを分解するための肝臓の中にある酵素の一種が、妊娠中に少なくなることもわかっています。これはつまり、体の中でカフェインが分解されるのに時間がかかり、その分だけ長く、多くのカフェインが赤ちゃんにわたされてしまうことになります。

お腹の赤ちゃんはカフェインに弱い!

生まれる前の赤ちゃんは肝臓の機能が低く、特にカフェインを分解する能力は著しく低いといわれています。ですので、赤ちゃんは容易にカフェイン過剰の状態となります。カフェイン過剰になると、不眠や興奮が生じますので赤ちゃんにとってはよくありません。カフェインを多く摂った妊婦さんから生まれた子どもは落ち着きがない、攻撃的であるとの報告もあります。

カフェインの影響で死産のリスクの上がる!

さらに、イギリスの大学の研究では、カフェインを多く摂る妊婦の胎盤の血流量が低下すると報告されています。これはすなわち、赤ちゃんに栄養を送るための胎盤の血液量が減るので、赤ちゃんへいく栄養も少なくなります。カフェインを過剰に摂取した妊婦さんの赤ちゃんはそうではない妊婦さんに比べて、低出生体重児が多いとの報告もあります。また、流産や死産のリスクも上がります。

カフェインで妊婦さんのカラダにも異変が!

妊婦さんのカフェインの影響は赤ちゃんにだけではありません。カフェインを多く摂ると体から多くのカルシウムが出て行ってしまいます。妊娠中は赤ちゃんの体を作るためにたくさんのカルシウムが必要になりますので、骨粗しょう症のリスクがさらに高まります。また、カフェインには鉄の吸収を妨げる作用もあり、ただでさえ貧血になりやすい妊婦さんには注意が必要なのです。

妊娠中はカフェインを全く摂ってはいけないの?

カフェインは妊婦さんによくないから、全く摂らない方がいいのか?といいますと決してそうではありません。カフェインにはリラックス効果もありますので、適量を摂るようにすればよいのです。とある研究データでは、一日に200㎎までのカフェイン摂取ならば、妊娠に影響はないと報告されています。つまり、コーヒーや紅茶1、2杯ならば問題はないのです。

妊娠初期にカフェイン摂取は禁忌?

妊娠に気づく前の妊娠初期にたくさんのカフェインを摂ってしまった!と慌てる方も多いと思います。しかし、心配しすぎる必要はありません。妊娠初期には胎盤が完全に出来上がっていませんので赤ちゃんに直接カフェインがいってしまうということは考えられていません。

器官形成期にあたる妊娠初期で最も気にかけたい奇形に関しても、カフェインとの関連性は報告されていません。一種の鎮痛剤などのお薬は妊娠初期でも奇形のリスクが上がるとの報告がありますが、カフェインでは心配はありません。

重要なのは、胎盤が出来上がる妊娠14週頃には摂取量を気に掛ける必要があるということです。ただし、初期のころには多くの方がつわりを経験すると思います。カフェインは胃を荒れさせることもあるので、空きっ腹にカフェインは控えた方がよいでしょう。

また、骨粗しょう症や貧血を避けるためにも、妊娠初期から過剰なカフェイン摂取は控えたいところです。そして、妊娠前にカフェインを多く摂取していたという方は、変わりとなる飲み物を探しておくことも必要でしょう。

妊娠初期には影響なし!ストレスフリーな生活を

適度な摂取で快適な妊婦生活を

あまりにも厳密にカフェインフリー生活を目指すと、それ自体が多大なストレスになってしまい、妊婦さんの精神面にいい影響はありません。特に妊娠初期ではほとんど影響はありません。最近では、カフェインレスのコーヒーやお茶も販売されていますので、これらを上手く組み合わせてカフェイン量に気をかけてみてはいかがでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です