妊娠したら薬は飲めないと思っている妊婦さんが多いのですが、産婦人科医からみると妊娠中も飲める薬は十分あります。実は薬を飲むことそのものよりも、自己判断することが危険なのです。


妊娠中も薬って飲んでいいの?

飲めるものと飲めないものがあります

こんにちは。産婦人科医の西尾です。

妊娠がわかったときに、「気づかなくて風邪薬を飲んでしまったけど大丈夫ですか?」と心配そうに聞かれることが多々あります。

そんな妊婦さんはたくさんいて、ほとんどの人が健康な赤ちゃんを産みます。そのころ飲んだ風邪薬は特に影響はないのです。

でも時々、薬を飲むことに抵抗がありすぎて、例えば切迫早産になっても子宮の収縮を抑える薬を飲めない人がいます。

赤ちゃんに影響があるかも…という考えはわかりますし、たしかにごく低い割合ではありますが副作用が出ることもあります。しかし、それを恐れて張り止めを飲まず、早産してしまっては、赤ちゃんに副作用以上の負担をかけることになります。

妊娠中でも飲める薬、飲まなくてはならない薬はたくさんあります。今回は妊娠中の薬についてお話しさせていただきます。

妊娠中の薬の影響とは

飲んでも大丈夫な薬

Pills
Pills / Jamiesrabbits

まず、風邪薬や咳止めを短期間飲むのは大丈夫です。インフルエンザの時に処方されるタミフルやイナビルといった薬も影響はありません。インフルエンザワクチンも打てます。

解熱剤としてはアセトアミノフェン(カロナールなど)がよく処方されます。アセトアミノフェンは小児にも使用する薬です。

抗生物質にはいろいろ種類があるのですが、ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系は飲めます。

そのほか、胃薬、アレルギーの薬は飲めます。ぜんそくの吸入薬も大丈夫です。むしろ咳をすると子宮が収縮しやすくなるのできちんと吸っておいてください。上に書きましたが、子宮収縮抑制剤もほとんど赤ちゃんに影響はありません。

種類の変更や特殊な対処が必要な薬

Medicine
Medicine / mateoutah

妊娠前から持病のある方が使用している薬は原則、その疾患の主治医と産科医が連絡を取り合いながら続けていくのですが、なかには妊娠したら変更したほうがよいものがあります。

代表的なものは、まず糖尿病の薬。血糖値を下げる飲み薬には催奇形性があるため、インスリンの注射に変更します。インスリンと聞くといやだという患者さんもいるのですが、高血糖そのものにも催奇形性があるので、血糖のコントロールは厳格にしておくべきです。

血液サラサラの薬であるワーファリンにも、催奇形性があります。そのため、妊娠後はヘパリンの自己注射やバイアスピリンの内服に変更します。

バセドウ病の薬にチアマゾールとプロピルチオウラシルという二種類の薬がありますが、日本やアメリカの内分泌学会のガイドラインではプロピルチオウラシルのほうが胎児への影響は少ないとされているため、病状や環境がゆるせばそちらが推奨されています。

最後に、妊娠後に持病の治療を絶対に自己中断してほしくない病気のひとつに、てんかんが挙げられます。

てんかんの薬は、たしかに催奇形性の報告がある薬が多く、多種類・多量であるほどその確率は上がるとされています。

しかし、胎児への影響を心配して薬を自己中断すると、発作が起こる可能性が高くなります。母体が大発作を起こせば、赤ちゃんは低酸素になり命を落とします。

また、その大発作がもし、運転中に起こったら…起こる悲劇は想像がつきますよね。てんかんの薬を飲んでいても、主治医と薬を調節しながら、8~9割の妊婦さんは健康な赤ちゃんを産みます。

奇形のリスクを下げる治療に、葉酸補充があります。バルプロ酸などは血中の葉酸濃度を下げますが、葉酸の不足は、中枢神経の発達に影響を及ぼすので、葉酸を薬として余分に摂るのです。

飲んではいけない薬

medicines
medicines / mararie

妊娠後期に痛み止めとしてインドメタシンを含む薬(ボルタレンなど)を飲んではいけません。赤ちゃんの動脈管という大事な血管が収縮してしまうなどの影響があります。湿布をたくさん貼った場合も同じような事態に陥ることがあります。

経口避妊薬などの女性ホルモンを含む薬も赤ちゃんに性ホルモン系の影響をきたすため内服してはいけません。

また、サリドマイドは、日本の歴史上無視できない「妊娠中飲んではいけない薬」です。妊婦が飲める睡眠薬という触れ込みでしたが、赤ちゃんに四肢欠損などを起こし、大きな問題になりました。

現在では多発性骨髄腫などの特効薬としてのみ使用されているサリドマイドですが、内服中には妊娠しないことを強く勧めます。

市販薬と湿布は要注意

Chinese Medicine
Chinese Medicine / Victoria Reay

診療していてなんとなく感じることなのですが、なぜか妊婦さんを含む患者さんたちの中には「市販薬はマイルドで安全、病院の薬は強くて怖い」みたいな考え方があるような気がします。

でも私の考えはまったく逆です。病院で処方される薬は成分がはっきりしていて、「この薬は妊婦さんもOK」「これはダメ」というのがわかっているものが多いです。

一方、市販薬は幅広い症状に対処できるようにいろいろな薬が混ざっているものが多く、「何が入っているのか、医師も薬剤師もよく知らない」薬なのです。

市販薬に妊婦さんが飲んでほしくない成分が入っていることはあります。例えば、漢方入りの便秘薬。なんとなく自然っぽくてよさそうな気がしませんか?

しかしこれらには大黄やセンナという成分が入っていて、子宮を収縮させるため流産・早産の原因になることがあります。ですから、産婦人科では処方しません。

酸化マグネシウムという、便を柔らかくする薬を処方します。これはたくさん飲まない限り、赤ちゃんには特に影響はありません。

Pregnant Woman Prostrate, Lying on the Ground
Pregnant Woman Prostrate, Lying on the Ground / Cristi Sebastian Photography

また、妊婦さんの多くが、おなかが大きくなるにつれて腰が痛くなり、湿布を希望されます。しかし、妊娠後期の湿布薬が原因で赤ちゃんが動脈管収縮を起こした例があり、厚生労働省は2014年から、ケトプロフェンを含む湿布薬を妊娠後期の妊婦に処方することを禁止しました。

つまり湿布薬のうち、ケトプロフェンもインドメタシンもダメということになったのです。安全そうなイメージのある湿布ですが、赤ちゃんに影響をおよぼす薬の一種です。

薬の影響が気になるときは、産婦人科医へ質問を!

持病の薬は、かならず主治医と相談を

妊娠中に飲める薬、変更したほうがいい薬などについていろいろ書きました。ここに挙げたのはごく一部ですが、それでも知らない薬の名前などがあったと思います。

一般の方が「この薬は妊娠中も飲めるのか?飲めないのか?」を判断するのは難しいと思いますので、どうかなと思ったら必ず主治医または産婦人科医へおたずねください。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です