妊娠10週になると、子宮のサイズはちょうど握りこぶしくらいの大きさになり、見た目ではわからないかもしれませんが触るとふっくらとした感じが分かるようになります。大事な妊娠10週はどんな時期で何に気をつけたらいいか、おなかの赤ちゃんはどんな状態なのかをご紹介します。


妊娠10週ってどんな時期?

shutterstock_44781601

妊娠初期は赤ちゃんにとって変化のある時期でありますが、妊婦さんにとっても症状に変化がみられる時期です。

妊娠10週になると、子宮のサイズはちょうど握りこぶしくらいの大きさになり、見た目ではわからないかもしれませんが触るとふっくらとした感じが分かるようになります。そのため、着ていた服が少しきつくなってきたという人や、座ると圧迫されて苦しくなるというお腹の大きさの実感を得られる人も出てくる時期となります。

そんな大事な妊娠10週はどんな時期で何に気をつけたらいいか、おなかの赤ちゃんはどんな状態なのかをご紹介します。

妊娠10週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠10週の赤ちゃんの様子

shutterstock_312582728

赤ちゃんは妊娠10週までは人の形をしていないため、胎芽と専門用語では呼ばれています。

しかし、この10週目で赤ちゃんは頭、足、胴が出てきて人の形をするのです。そのため、この10週目以降は赤ちゃんのことを胎芽から胎児と呼ぶようになります。

<妊娠10週の赤ちゃんの様子>

  • 体重は10~20g未満
  • 身長は3~5cm
  • 心臓の拍動もしっかりとするようになります
  • 手足の指が分かれて、歯の基となる歯胚もでてくるようになります
  • 肝臓、胃、腎臓の機能もでき始めて、排尿をするようになる

妊娠10週の妊婦さんの症状

shutterstock_300852617

妊娠10週になるとつわりが終了するという人がかなり多くなってきます。つわりがなくなった、突然吐き気を催すことが無くなったという人が多くなるのがこの10週目なのです。

また、この時期は女性ホルモンの影響やおなかが少し大きくなることによって骨盤内の血流が悪くなることによる腰痛、便秘を訴える人が非常に多くなります。人によっては下痢になったり、下痢と便秘を交互に繰り返すようになる人もいます。

さらに妊娠10週目までに心音が確認できると流産の可能性は低くなり、5%程度になるとされています。特に、ヒトの形を確認できるようになると流産の確率は胎芽の時期よりも低くなるとされています。

妊娠10週頃に気を付けたいこと

shutterstock_340124867

妊娠10週は赤ちゃんの発育に非常に大切な時期になります。これから体が大きくなり、どんどん大切な器官が作られていくようになります。

そのため、バランスのとれた栄養たっぷりの食事を摂ることは必須条件でしょう。特に、葉酸は胎児の神経系の発達に大きく影響する栄養素となりますのでとくにしっかりと摂りましょう。

また、喫煙や飲酒も胎児の発育に悪影響を及ぼします。特に妊娠初期は控えましょう。

よく、カフェインも胎児に影響を及ぼすのではないかと言われますが、1日1~2杯程度であれば危険性は低いとされています。しかし、カフェインの摂りすぎは発育遅れや早産、低出征体重児のリスクがあるため、気をつけましょう。

また、合併症のリスクや流産のリスクがなければ飛行機を使用しての旅行なども悪くはありませんが、保証ができないというのが一般論になります。長期間の同一姿勢での移動や人込みでの行動は身体にかなり負担を及ぼします。

個人差がありますので、その負担は妊婦さんそれぞれで違います。同じだけアクティブに過ごしても両者ともに流産しないという保証ができないというわけです。そのため、余裕を持ったプランを立てて休憩はこまめに取るようにしてください。

赤ちゃんにも妊婦さんにも変化の時期となる10週目。次は11週目の変化についてお伝えします。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です