妊娠11週は、多くの人がつわりのピークを越えてつわりが落ち着いてくる時期となります。そのため、ついつい食べ過ぎて体重が増加してしまうことも。また赤ちゃんが大きくなってきて、腰や足の付け根に痛みを感じることがあります。どのようなことに気を付ければ良いのかご紹介していきます。


妊娠11週ってどんな時期?

妊娠11週は、多くの人がつわりのピークを越えてつわりが落ち着いてくる時期となります。妊婦健診も減り、生活も安定してくる方も多いのではないでしょうか。また、早い人では11週目ごろより赤ちゃんの胎動を感じる人もいるようです。

今回は、妊娠11週目の妊婦さんと赤ちゃんの状態についてご紹介していきます。

妊娠11週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠11週の赤ちゃんの様子

shutterstock_404631109

<妊娠11週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさ(頭殿長)は、40mm~60mm
  • 赤ちゃんの体重は10~15g
  • 脳や臓器はほぼ完成し、脳は出産時までこのままの状態となる
  • 手や爪だけでなく皮膚もしっかりと発達するため、振動や温度も感じられる
  • 羊水の中で排尿もするようになる

この時期になると心拍ではなく、赤ちゃんの心音を聞くことができるようになります。

腎臓が出来上がったことによって排尿もするようになります。排尿は羊水の中にするのですが、羊水は基本的に約3時間で入れ替わるため、不潔にはなりません。

また、この時期には羊水の中を歩く原子反射が見られるようになります。この振動によるものかどうかはわかりませんがこの時期におなかの赤ちゃんの胎動を感じ始めるお母さんもいます。

妊娠11週の妊婦さんの症状

shutterstock_300852518

妊娠11週は多くの人にがつわりが終了する時期となるようです。これは、妊娠を維持するために分泌されており、つわりの原因ではないかと推測されている黄体ホルモンの量がこの11週目を境に急激に減少することが理由となるようです。

そのため、食欲が増し、ついつい食べ過ぎてしまい体重の増加を指摘される人もいます。ただし、全ての妊婦さんのつわりが終了するわけではなく、中には8週目くらいにつわりが終了したのに11週になって突如つわりが再開したという人もいます。

また、赤ちゃんに多くの血液を送る必要がでてくることから、血液量は増えるものの血液成分はそのままとなるため、血液が希釈されます。その上、お腹に血液が重点的に回ることから脳貧血を起こしやすくなります

ひどい立ちくらみやめまいを訴える妊婦さんが多くなるのもこの時期からです。

また、妊娠11週目もまだ早期流産の可能性は残っています。そのため、油断はせず、出血をしたり腹痛を伴っている場合はすぐに医療機関を受診するようにしてください。

妊娠11週頃に気を付けたいこと

shutterstock_119446654

妊娠11週はつわりが終了することにより食べ過ぎてしまい、体重が増加しやすい時期となります。暴飲暴食せずにバランスよく食べて体重の増加を押さえるようにしましょう。

また、脳貧血による症状が出てくる時期です。急に立ち上がったり動き出したりせずにゆったりと動き、めまいがしたらすぐに休むという癖をつけるようにしましょう。

この頃の子宮の大きさはちょうどグレープフルーツ大といわれています。そのため、子宮の増大によって腰や足の付け根などが圧迫されて痛みを伴う場合も。痛みは我慢せずに医師に相談してみるといいでしょう。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です