妊娠16週は妊娠中期に入り、よく耳にする安定期という時期に入ります。母子ともに安定してくるので気持ちにもゆとりが生まれてくるでしょう。この時期はどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?


妊娠16週ってどんな時期?

妊娠16週は妊娠中期に入り、よく耳にする安定期という時期に入ります。この時期からは母子ともに不安定だった体調が落ち着きをみせます。

妊娠報告を周囲にしてよいのもこの時期からとなります。また、赤ちゃんの成長スピードに個人差が生まれるのもこの時期からとなります。

今回は、妊娠16週目の妊婦さんと赤ちゃんの様子についてまとめました。

妊娠16週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠16週の赤ちゃんの様子

20170113_002

<妊娠16週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさ(頭殿長)は、120mm~140mmほど
  • 体重は60~120gほど
  • 3等身となり、骨や筋肉が急速に発達する
  • 動きもますます活発になる
  • 脂肪組織がついてくるため、体温を自分で維持できるようになる
  • 胎毛といわれる産毛も生えてきて、新生児と見た目が変わらないくらいになる

16週目からは聴力も発達します。外部の音は羊水や子宮によってまだ聞こえませんが、お母さんの声は骨伝導で聞こえるようになります。

妊娠16週の妊婦さんの症状

20170113_003

妊娠16週は赤ちゃんの動きが活発になることによって早い人では胎動を感じる人もいます。特に、もともと痩せ型だった人はこの時期に胎動を感じる人が多いと言われています。

お腹もどんどん大きくなり、歩くのも一苦労となってきます。また、腹痛には継続して悩む人は多い時期ですが、頻尿や便秘には安定期に入り解消されたという人もいるようです。

この時期になると赤ちゃんに母乳を上げる準備を身体がするため胸がさらに膨らむ時期となります。多くの人で1カップ以上のサイズアップ、中には2カップ以上サイズアップしたという人もいます。

引き続き血液成分は少ない状態ですので貧血症状に悩まされる人も増え、めまいや立ちくらみを訴える人が多くなります。

また、血液の量が増加することによって歯肉炎など歯茎のトラブルを訴える人も増えてくるようです。

流産の確率は妊娠16週より流産の可能性は妊娠初期よりも減ります。

妊娠中期となるこの時期にももちろん流産の可能性はあるものの、流産の前段階である切迫流産の段階で適切な処置を受けることができれば流産を予防することができます。

出血や腹痛、破水などが見られた場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

妊娠16週頃に気を付けたいこと

20170113_004

妊娠16週も体重増加には注意しておきたい時期です。体重が増えると腰痛の悪化にもつながります。安定期に入ったことで身体を動かすことが楽になるため、体重の増加をおさえるためにも身体を動かすようにしましょう。

また、この時期から妊娠報告を周囲にしても良い時期となります。自分の体調を理解してもらえるよう周囲に妊娠報告を済ませておきましょう。

またお腹がどんどん大きくなるこの時期、寝ていてもお腹が大きくてつらいと感じることも。さらにお腹が大きくなる前に自分の楽な体位を探しておくといいでしょう。

体調がさらに安定する16週目。今のうちに体調に合わせて子どもがいない時にやりたいことをやっておくのも良いかもしれませんね。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です