妊娠5週目は、ちょうど生理予定日から1週間経った頃で、生理が来ないから妊娠検査薬を使ってみようという時期に当たります。この時期に妊婦さんが感じる症状は、乳房の張りや痛み、倦怠感など妊娠初期症状と呼ばれるものです。妊婦さんは何に注意すればいいのだろう?などいろいろな悩みに直面する時期となるでしょう。


妊娠5週ってどんな時期?

妊娠5週目は、ちょうど生理予定日から1週間経った頃で、生理が来ないから妊娠検査薬を使ってみようという時期に当たります。

中には、早めに妊娠検査薬を使用して妊娠の有無が分かったものの、病院にはいつ行けばいいのだろうと悩む時期です。

また、一般的に妊娠5週目は赤ちゃんがものすごいスピードで成長するときとされていますが、妊婦さんは何に注意すればいいのだろう?などいろいろな悩みに直面する時期となるでしょう。

それでは、妊娠5週目についてご紹介します。

妊娠5週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠5週の赤ちゃんの様子

shutterstock_462377653

妊娠5週目の赤ちゃんはおたまじゃくしのような形をしていて、まだ、胎児とは呼ばずに胎芽と呼ばれます。

<妊娠5週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさは2mmほど
  • へその緒が形成されはじめます
  • 胎嚢という赤ちゃんが生活していく袋がエコーで確認できる

胎芽は内胚葉、中胚葉、外肺葉と3つの細胞のグループにわかれおり、まずは脳神経や肌、髪を形成する外肺葉が発達をしはじめますが、この5週目になると循環器や骨、筋肉を作るグループである中胚葉が発達を進めていきます。

そのため、血液を送る大動脈やお母さんと赤ちゃんをつなぐへその緒が形成されるのがこの時期となります。

この時期に病院に行っても胎芽の様子は見ることができませんが、子宮内での妊娠が確定していると、胎嚢という赤ちゃんが生活していく袋をエコー検査にて確認することができます。

妊娠5週の妊婦さんの症状

shutterstock_309795704

この時期に妊婦さんが感じる症状は、妊娠初期症状と呼ばれるものです。

  • 乳房の張りや痛み
  • 倦怠感
  • 頻尿
  • 下腹部の痛み
  • 熱っぽさなど

しかし、これはPMS(月経前症候群)と類似していたり、風邪の症状とも似ているため、妊娠が発覚して後から、あれは妊娠初期症状だったんだと気づく人が多いです。

まれにですが、ここでつわり症状を感じる人もいます。

また、この時期は体内のホルモン変化によって精神的に不安定になる人も多く、急に涙が出てきたり、怒りっぽくなる人もいます。

この時期は胎芽による体重の変化はあまりないものの、女性ホルモンが増加する影響で女性らしい丸みを帯びた体つきになる人が多いため、見た目ふっくらとしたように感じる人が多くなります。

妊娠5週頃に気を付けたいこと

shutterstock_511494373

妊娠5週目は胎芽が急成長を遂げ、様々な大事な器官の基礎ができる時期となります。そのため、胎芽の健康を害さないような生活を送るべき時期となります。

  • 妊娠が分かった時点で、飲酒や喫煙は控えましょう。
  • 軽い運動であれば問題ありませんが、得点を競ったり身体をぶつけ合うような激しいスポーツは控えましょう。
  • 妊娠が分かった時点で薬やサプリメントも見直すようにしましょう。

薬やサプリメントの中には胎芽に悪影響を及ぼしたり、子宮を収縮させて流産させてしまうようなものもあるため、自己判断での内服はやめましょう。

さらに、気をつけたいのが臭い。洗剤に含まれる人口香料は内分泌かく乱物質が含まれているといわれるため、胎芽に悪影響を与えるそうです。また、アロマテラピーが趣味の方も、アロマの香りの中には妊婦さんに使ってはいけない香りもあるため、注意が必要となります。

胎芽にとって大切な妊娠5週目。赤ちゃんのためにも穏やかに過ごせるといいでしょう。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です