妊娠8週は、ほとんどのお腹の赤ちゃんの心拍を確認できている時期となります。今まで、胎芽という呼ばれ方をしていたおなかの赤ちゃんも、この時期から胎児という呼ばれ方をするようになります。静脈炎対策をとるべきなのもこの時期からですが、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?


妊娠8週ってどんな時期?

妊娠8週は、ほとんどのお腹の赤ちゃんの心拍を確認できている時期となります。

また、安定した妊娠生活が送れていると判断されて妊婦健診の間隔が長くなっている人も多くいるのがこの時期となります。

今まで、胎芽という呼ばれ方をしていたおなかの赤ちゃんも、この時期から胎児という呼ばれ方をするようになります。

そんな、妊娠8週目の妊婦さんと赤ちゃんの状態についてご紹介します。

妊娠8週の赤ちゃんと妊婦さんについて

妊娠8週の赤ちゃんの様子

shutterstock_48625159

<妊娠8週の赤ちゃんの様子>

  • 大きさ(頭殿長)は、13mm~20mmほど
  • 多さは1~3gほど
  • 胎嚢は40mm~48mmほど
  • 骨が軟骨から硬い骨へとなり、背骨もしっかりとしたものになる
  • 手もしっかりと形が見られるようになり、肘を曲げることも可能になる
  • 妊娠7週で形成され始めた目や耳、口や舌が形となって現れる
  • 同じく妊娠7週目で形成され始めた脳や腎臓、胃などの器官もほぼ完成し、血流も通うようになる

神経も発達して自発的に赤ちゃんが動けるようになるのもこの時期からとされていますが、胎児の大きさがまだまだ小さいため、その動きを体動として感じ取ることはできません。

妊娠8週の妊婦さんの症状

shutterstock_300852545

妊娠8週はまだまだつわりのピークである人が多い時期となります。

子宮の大きさも大きくなっていることもあり、締め付け感を感じる人が多くこの時期からマタニティ用の下着に切り替える人が多いようです。頻尿や便秘も変わらずに続きます。

この時期になると、赤ちゃんにも動脈や静脈ができることから必要な血液量は一気に増えます。それに加えて体重も増加することから足に負担がかかること、ホルモンの影響によって静脈が重力に逆らって血液を送れるようにする弁の働きが低下することもあり、静脈瘤ができる可能性が出てくるのがこの時期になります。

8週目ではほとんどの人が心拍が確認されており流産をする確率が下がっているものの、12週目を超えるまでは油断は禁物です。

そのため、生理のような出血、腹痛を伴っている場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

妊娠8週頃に気を付けたいこと

shutterstock_224569057

妊娠8週もまだまだつわりの辛い時期です。無理せずに食べられそうなものを少しずつ食べるようにしましょう。

また、前述した静脈炎対策をとるべきなのもこの時期から。着圧ソックスなど足に加圧ができる靴下の着用を始めてみてもいいでしょう。

さらに、冬に妊婦生活を送る場合は感染症への注意も必要です。人込みに出るのを控えたり、手洗いうがいをしっかりするなどして予防に努めましょう。

妊娠初期はとにかく自分の体調を第一に考えてゆったりと過ごしてほしいもです。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です