妊娠中にコーヒーを飲むのはよくないのでしょうか?コーヒー好きにとってはとても気になる問題ですね。僕自身もコーヒーや紅茶、緑茶大好き人間ですが、実はカフェインはコーヒーより緑茶や紅茶により多く含まれているのです。ここでは妊娠とコーヒー(カフェイン)の関係について医学的見地からお話してみましょう。


妊娠とコーヒーの関係について医師の立場からお話しましょう

妊娠中にコーヒーを飲みすぎるとどうなるのでしょうか?

  • 「コーヒー大好きなんだけど妊娠中は胎児への影響が気になる」
  • 「妊娠中にはどのくらいのコーヒー(カフェイン)なら飲んでいいの?」
  • 「妊娠中にカフェインを取るとなにが起きるの?」

産婦人科医として妊婦さんとお話ししていると、よくこのような質問を受けることがあります。

カフェインはコーヒーに限らず緑茶や紅茶にも多く含まれますが、実は妊娠中のカフェイン摂取は場合によっては胎児に非常に危険なこともあります。

今日はそんな「妊娠とコーヒー」「妊娠とカフェインの関係」についていろいろな疑問にお答えしましょう。

妊娠に対するコーヒー(カフェイン)の影響について

妊娠に対するコーヒー(カフェイン)の一番のリスク

一般の方にはあまり知られていませんが、妊娠に対するコーヒー(カフェイン)の一番大きな影響は「胎盤の血流が悪くなる」ということです。

つまり、妊娠中にコーヒーなどのカフェインをとり過ぎると、胎盤を流れる血流が減って、胎児(赤ちゃん)に十分な酸素や栄養が行かなくなる可能性があるのです。

その結果、胎児発育不全(赤ちゃんが子宮の中でうまく育たない)や低出生体重児(未熟児)のリスクが高まります。

妊娠中にコーヒーは全く飲まない方がいいの?

そんなことはありません。

コーヒー好きにとってコーヒーを我慢するのはストレスになりますよね。

飲み物の種類(コーヒー・紅茶・緑茶・缶入り・インスタントなど)によってもカフェイン含有量(カフェインを含む量)が大きく違うのでなんともいえませんが、ざっくり言うと1日に1〜2杯のコーヒを時々(毎日ではなく)飲むのはそれほど問題はないと思います。

後に、具体的なカフェイン摂取量と妊娠との関係についてについてお話します。

どんな飲み物にカフェインが多く含まれているの?

カフェインはコーヒーだけでなく紅茶や緑茶、さらには健康飲料(エナジードリンク)などにも多く含まれています。とくに最近、カフェインを多く含む炭酸系のエナジードリンクでカフェインによる死亡事故が相次いだことは皆さんの記憶にも新しいと思います。

また、緑茶には平均してコーヒーの2〜3倍の量のカフェインが含まれています。紅茶に含まれるカフェインの量もコーヒーよりかなり多いのが普通です。

缶コーヒーやペットボトルのお茶などにもカフェインが含まれているので、是非一度飲み物のカフェイン含有量をチェックしてみましょう。

飲み物100mlあたりのカフェイン含有量
エスプレッソコーヒー :300mg
玉露         :120mg
ドリップコーヒー   :90mg
インスタントコーヒー :40mg
ココア        :30mg
栄養ドリンク     :50mg
抹茶         :30mg
紅茶         :約20mg
緑茶         :20mg
ほうじ茶       :20mg
ウーロン茶      :20mg
番茶         :20mg
玄米茶        :15mg
ダイエットコーラ   :15mg
コーラ        :12mg
麦茶         :0mg

(参考)日本中毒情報センター

どのくらいのカフェインを飲むと胎児に危険なの?

妊娠に対するカフェインの影響を調べた有名なイギリスの論文では、1日200mg(ミリグラム)以上のカフェインを毎日摂り続けると子宮内での胎児の成長に影響が出てくるようです。当然、摂るカフェインの量が増えるほどリスクが増すことになります。

ご存知のようにイギリスは毎日紅茶を飲む習慣がありますから「妊娠中の紅茶の飲み過ぎには注意して」という警鐘を鳴らすためにこのような研究が積極的に行われているのでしょうね。

ただし、カフェインの影響については個人差や人種差もありますので、あくまでも目安にして、心配なことがあれば早めに主治医に相談しましょう。

飲み物のカフェインの量はどのようにしたらわかるの?

缶やペットボトルの飲料には必ずカフェイン含有量が書かれています。またスタバなどのカフェチェーンや一部のファミレスなどでも、ホームページでそれぞれのメニューに含まれるカフェインの量を公表しています。

一番難しいのは自宅や職場で淹れるコーヒ、紅茶、緑茶のカフェインの量でしょう。これは豆や茶葉、インスタントかどうかなどでかなりまちまちです。とはいえ、これもあまり神経質になりすぎず、いろいろなホームページを参考にして大まかな量を把握しておけば大丈夫でしょう。

どのようなことに気をつけておけばいいでしょうか?

日本人の場合、コーヒーや紅茶を時々飲む程度では(毎日200mg以上のカフェインを摂るのでなければ)あまり心配はないと思います。

コーヒーや紅茶、緑茶やカフェインを多く含むエナジードリンクなどを毎日飲む習慣がある人は、それなりに計算してカフェインを制限した方がいいでしょう。とくにコーヒーより紅茶や緑茶、エナジードリンクの方がカフェインを多く含むので注意が必要です。

どうしても毎日飲みたい人は一度主治医に相談しておくことをお勧めします。いまでは比較的簡単に超音波で胎盤の血流の状態を計測できるからです。

特に注意が必要なのはどんな人ですか?

最も注意が必要なのは過去に胎児発育不全や妊娠高血圧(妊娠中毒症)、低出生体重児(未熟児)などの病歴がある人です。このような人はコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェイン飲料を飲んでいいかどうか必ず主治医に相談してください。

あとは先に述べたようにコーヒー、紅茶や緑茶、エナジードリンクを毎日飲む習慣がある人です。これらの人は毎日のカフェイン摂取量が200mg(ミリグラム)を超えないように注意しましょう。

どちらも定期的にあるいは必要に応じて胎盤の血流の状態を超音波で観察する事をおすすめします。

まとめ

妊娠中のコーヒーを習慣的に飲むのは注意が必要

妊娠中のコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェイン飲料は、毎日習慣的に飲むのでなければそれほど気にしなくてもいいでしょう。ただし、毎日飲む習慣がある人は1日のカフェイン摂取量が200mgを越さないように注意しましょう。

以前に胎児発育不全(赤ちゃんが子宮内でうまく育たない)や低出生体重児(未熟児)などの経験がある人は、カフェインの摂取について必ず主治医に相談する事をおすすめします。それまではカフェインの摂取はできるだけ控えたほうが懸命でしょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です