妊娠が発覚して少しずつお腹が大きくなってくれば誰もが「妊娠線クリーム」の存在を意識するのではないでしょうか?今回はそんな妊娠線クリームをいつから使うべきなのか、どんなことに注意すべきなのか、妊娠線クリームを使う上で気になるポイントについてまとめました。


妊娠線はクリームで予防できるって本当?

妊娠線予防はいつからどうやるべきなのか

妊娠が発覚して嬉しいのも束の間、あっという間に安定期が近づいてきます。その頃になると多くの妊婦さんが「妊娠線」について気になってくるのではないでしょうか?

しかし、妊娠線は予防できるのか、いつから何を使って予防するのがいいのか、妊娠線予防のために注意すべきことはあるのかなど、わからないことがたくさんあると思います。

そこで、オススメの妊娠線予防商品も紹介しつつ、妊娠線についてお話します。

いつまでも美しくあるために正しい妊娠線予防をしよう

妊娠線って何?必ずできてしまうものなの?

shutterstock_222127231

妊娠すると赤ちゃんの成長に合わせて少しずつお腹が大きくなっていきますよね。そしてお腹が大きくなる速さに皮膚組織がついていけず、ひび割れてしまうことがあります。その状態をよく「すいか状」などと表現されますが、それが俗にいう「妊娠線」です。

妊娠線ができる場所はお腹に限りません。妊娠中は乳房やお尻にも脂肪がつくようになります。なので、お腹だけでなく乳房やお尻などに妊娠線が出きてしまう人もいるようです。

そんな妊娠線ですが、妊娠したら必ずできるというものではありません。妊娠線ができる原因は、先述したとおり「筋肉や脂肪の増える早さに外側の皮下組織がついていけないこと」にあります。

つまり、急激な体重増加や皮膚の乾燥が妊娠線をできやすくしてしまうことになります。体質によってはケアをしていても妊娠線ができてしまうこともありますが、乾燥を予防し皮膚を柔軟にしておくことで予防することもできます。

妊娠線ができるとどうなるの?産後に跡は消えるの?

shutterstock_319558898

妊娠線ができる前兆としてかゆみを感じる方が多いようです。妊娠中はホルモンバランスが変化するので、普段は皮膚トラブルがない方でも油断はできません。皮膚が乾燥することでかゆみを感じ、皮膚をかじった結果妊娠線ができてしまったという話もよく聞きます。妊娠線ができてもかゆみも痛みも感じることはなく、突然妊娠線が出てきたという方も中にはいらっしゃるようですが、かゆみを感じたら要注意です。

妊娠線は一度できてしまったら跡が消えることはないといわれています。中には数年経ったら薄くなったという方もいるようですが、完全に消えることはあまりないようです。妊娠線ができたからといって赤ちゃんに何か悪影響が及ぶことも妊娠線がある限り産後もかゆみを伴うなんてこともありませんが、跡が残るとなるとなるべく予防しておきたいですよね。

できてからでは遅い!妊娠線予防はいつからすべき?

shutterstock_376185385

気になる妊娠線予防の開始時期についてですが、妊娠線は一度できたら消えないといわれているので、できてからケアをしても遅いです。つまり、できる前から予防をしていないといけません。

そうなると気になってくるのは、「妊娠線はいつからできてしまうものなのか」ですよね。一般的に妊娠線は安定期に入って体重が増え始める頃だといわれています。体重が増える=脂肪が増えるということなので、頷けますよね。脂肪の増加の早さに皮膚組織がついていけないと妊娠線が出てしまうので、脂肪が増え始める前から妊娠線予防を開始しなければなりません。安定期に入る前に食べ悪阻で体重増加が始まっている方はその時点で妊娠線予防を始めましょう。

「妊娠線予防はいつからすべきか」の答えは「体重や脂肪が増え始めた頃から」です。なかなか体重が増えない方も念のため安定期に入ってお腹が出始めたら予防を始めてくださいね。

オススメの妊娠線対策はベルタのマザークリーム

妊娠線予防というとオイルやクリームなど色々な商品が出ていますが、筆者はオイルやローションよりもクリームタイプのものをオススメします。

オイルは保湿効果が高い反面、湿り気を補充することはできませんし、ベタつきます。ローションは浸透率が高いものの保湿効果が低いです。

その点クリームはオイルとローションの中間的存在で、保湿効果もあり、湿り気も補充することができるので一番オススメです。

そして妊娠線クリームの中でもオススメなのがベルタのマザークリーム。とても人気な商品なのでご存知かもしれませんが、無添加で肌への優しさにこだわって作られているので成分から肌触りや香りまで文句なしのクリームです。

筆者も4度の妊娠の中で色々な妊娠予防商品を使ってきましたが、他の有名な商品よりもベルタのマザークリームが一番使いやすく感じました。マザークリームの効果なのか、前の妊娠でできてしまった妊娠線も薄くなったのでとても満足しています。

公式サイト:ベルタ マザークリーム

妊娠線クリームの使用で注意すべきこと

shutterstock_319805606

妊娠線クリームの使用をオススメしましたが、使用するにも注意点が5つあります。

01.できてからでは遅い!

妊娠線予防はいつからすべきか。それは、体重が増え始めた、少し太った、お腹が大きくなり始めたと思った時からです。できてからでは遅いので、早めに妊娠線予防を始めましょう。

02.妊娠線ができるのはお腹だけではない!

よく妊娠線が出るのはお腹だけと勘違いしている方がいますが、妊娠線はお腹に限らず、乳房やお尻、太ももや二の腕などにも出ることがあります。

03.妊娠線クリームは塗ればいいだけではない!

しっかり肌になじませないことにはせっかくつけたクリームも効果を発揮できません。また、季節によっては1日1回だけでは途中で効果が切れてしまいますので、肌の様子を見て回数や使用量を増やすようにしましょう。

04.かゆみが強くなったら妊娠線クリームの使用を一時中断!

妊娠線クリームを使い始めたらよりかゆくなってしまった!という方がいます。それはその商品が肌に合っていない可能性がありますので、一度使用を控え、他のものに代えるなどしてください。

05.臨月に入っても妊娠線が出る可能性はある!

臨月に入ると、これ以上もう大きくならないだろう、もう大丈夫だろうと妊娠線予防を中断してしまう方がいますが、油断するとあっという間に妊娠線はできてしまいます。出産まで塗り続けることが大事です。

妊婦さんの半数以上に妊娠線ができている!

妊娠線はできてしまう前に予防しよう

妊娠線の予防はいつからすべきなのか、どうすべきなのか、疑問がたくさんあったと思いますがわかりましたでしょうか?

妊娠線はできても見た目が変化する以外特に悪いことはありませんが、やはり女性として美しくありたいものですよね。安定期が近づき体重増加やお腹のふくらみが目立ってきたら妊娠線クリームなどを使用し始めましょう。ただ使うだけではうまく効果を引き出せませんので、使うときの注意点もお忘れなく。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
1+

※会員登録やログインは不要です