妊娠をきっかけに妊娠線クリームを購入しようとお考えの方必見です。数ある商品の中から一体何を選べば良いのかお悩みではありませんか?妊娠線予防に効果が高い成分を解説した上で、おすすめの妊娠線クリームを紹介していきます。自分に合ったクリームで、妊娠線を予防しましょう。


たくさんのアイテムから一体何を基準に選べばいいの?

妊娠線クリームに必要な成分とは?

妊娠線クリームを探しているけど、成分を見ても一体何がなんだか…とお困りではありませんか?

成分表を見ても聞いたことも見たこともない単語に頭を悩まされることもありますよね。

そんな人にピッタリな、妊娠線クリームに本当に必要な成分が配合されたアイテムを紹介していきます。また妊娠時期のみならず産後や生まれた赤ちゃんにも使えたりと、長く使用できる妊娠線クリームを厳選しました。注意したい7点のポイントを抑えて楽しい妊娠ライフを送りましょう。

妊娠線クリームにおすすめしたい7つのポイント

妊娠線予防に効果があるのは「保湿」

shutterstock_100825039

妊娠線の対策に最も効果があるのは保湿です。妊娠することにより、お腹の皮膚は急激に伸びて皮膚組織が破壊されてしまいます。それに対応するには常日頃から保湿を心がけることで予防になります。

そこで準備したいのが「妊娠線クリーム」。妊娠線クリームには保湿成分がたっぷりと含まれており、肌の乾燥を防いでくれる効果があります。

それでは保湿成分が多く含まれている妊娠線クリームは一体何がおすすめなのかをお教えしましょう。

ベルタマザークリームには、保湿に必要なコラーゲンがたっぷりと含まれています。他にもヒアルロン酸・ヘスペリジンなど、肌のコンディションを整えてくれる美容成分が配合されているので、塗るだけでお肌がスベスベになる女性に嬉しい妊娠線クリームです。

シンボスーテの妊娠線クリームには、保湿に有効なヒアルロン酸の10倍にも及ぶ成分「スイゼンジノリ」が配合されています。妊娠線予防にはもちろんですが、万が一妊娠線がでてしまっても、これを塗るだけで皮膚組織が蘇り、妊娠線ケアにも役立つアイテムです。

オーガニック成分を選ぶ理由は?

妊娠線クリームを選ぶ上で気になるポイントは「オーガニック成分」ではありませんか?

なんとなくオーガニックと言う文字が入っていれば体に優しいイメージがあるかと思いますが、では妊娠線クリームに含まれているオーガニック成分とは一体どういうものなのかをご紹介していきます。

そもそもオーガニックとは、化学肥料や農薬などを一切使用していない有機栽培された植物のことを指します。オーガニック成分が含まれた妊娠線クリームには、有機栽培で育った植物が配合されているので、肌トラブルが起きにくいといったメリットがあります。特に敏感肌やアトピー体質の方に有効な成分ですので、低刺激の妊娠線クリームをお探しの方は是非オーガニックが含まれたアイテムを使用してみてください。

オーガニック成分が配合されたおすすめ妊娠線クリーム

ベルタマザークリームには5つのオーガニック成分が配合されています。妊娠中はもちろん、赤ちゃんにも使用できる肌に優しいクリームですので、クリームを余すことなく使用できます。さらに肌トラブルが起きやすい界面活性剤は一切配合されていないため、敏感肌やアトピー体質の方は是非一度お試しください。

STMクリームは100パーセントオーガニック成分のみを配合している妊娠線クリームです。カカオバター・ヒマワリ・ホボバの植物オイルがブレンドされており、肌に馴染みやすい使いやすいクリームとなります。こちらも赤ちゃんにも使用できる低刺激のクリームですので、妊娠時期を終えても余すことなく使い切ることができます。

伸縮性UPが期待できる妊娠線クリームは?

shutterstock_339802328

妊娠線ができやすい人の特徴として、乾燥肌の方はなりやすいことを先でお話しましたが、実は痩せ型の人や逆に太り過ぎている人も妊娠線ができやすい体質です。

この3点に該当しない方でも「肌の伸縮性に弱い方」は妊娠線ができやすいとお考えください。

そこで紹介したいアイテムが、肌の伸縮性UPに効果がある妊娠線クリーム。

妊娠線クリームは肌の表面の保湿だけでなく、内側の部分にも浸透してくれる効果があるため、定期的に妊娠線クリームを塗ることが重要なポイントとなります。それではおすすめの妊娠線クリームを挙げていきます。

AFCストレッチマーククリームには葉酸がたっぷりと配合されており、肌の奥深くまで浸透してくれる効果があります。他にも肌の調子を整えるライマメ種子エキスや、リラックス効果が期待できるネロリの香りを配合しているので、クリームを塗る時間が楽しめること間違いなし。

ベルタ製品は上記でも複数挙げましたが、伸縮性UPに効果ができるアイテムとしても紹介したいと思います。実は、ベルタマザークリームには、妊娠線ができた際に最初に裂けると言われる「真皮」の弾力性強化に効果がある成分が配合されており、ただの保湿クリームでは補いきれない奥深くまで浸透してくれます。

普通のボディークリームではダメな理由は?

shutterstock_352269293

妊娠線専用のクリームと、市販で売られているボディークリームとでは一体どんな違いがあるのかご存知でしょうか?

妊娠線には乾燥が大敵であり、保湿をすることで改善されるのですが、それならば普通のボディークリームで事足りるものです。

ここで注意したいのが、妊娠線ができる理由。そもそも妊娠線は急激な皮膚の伸びが原因で皮膚組織が破壊され裂けてしまうのが原因ですが、保湿を十分にしたところで妊娠線ができないわけではありません。

市販で売られている妊娠線クリームだけでは表面の「表皮」までしか浸透せず、奥深くにある「真皮」には対応できません。なので、妊娠線を予防したい方は市販のボディークリームではなく妊娠線専用のクリームを使用することが重要なポイントになります。

シラノール誘導体ってなに?どんな効果があるの?

妊娠線クリームを選ぶポイントとして「シラノール誘導体」が含まれているか否かがポイントになります。

シラノール誘導体とは

ケイ素で構成された成分のことを指し、分かりやすく説明すると妊娠線予防に効果があるコラーゲン組織を再構築してくれる成分。つまり、シラノール誘導体が含まれている妊娠線クリームは、皮膚組織を蘇らせてくれ、皮膚本来の弾力を改善してくれる効果が期待できます。

それでは、シラノール誘導体が含まれている妊娠線クリームを紹介したいきます。

ベルタマザークリームにはシラノール誘導体が配合されており、肌の奥底まで成分が浸透するようにできています。妊娠線ができてしまっても肌の組織を取り戻してくれるので、妊娠線にお悩みの方は是非ベルタマザークリームを使用してみてください。

皮膚科の専門医が監修している人気の妊娠線クリームです。肌に優しい成分がたくさん配合されており、お腹周りだけでなく全身に使えると言ったメリットがあります。また産後の伸び切った皮膚を戻すためにハリのある弾力を与えてくれるので、妊娠時期以外にも使用できます。

目的別妊娠線クリームの選び方とは?

考える女性

妊娠線クリームには成分によって様々な効果が期待できることをお話していきましたが、では実際妊娠線クリームを選ぶにあたり何を重視すれば良いのでしょうか。

  • 1)コスト

妊娠線クリームは基本的にお高いものであり、大体5,000円前後で購入できます。これは妊娠線予防に必要不可欠な成分を配合しているため、決して安価ではありませんが相応の効果が期待できるため、コストを重視している方はAFCストレッチマーククリームがおすすめです。

  • 2)成分

せっかく妊娠線クリームを買ったのに、自分には効果がなかった…とならないためにクリームに含まれている成分を重視している方も多いかと思います。妊娠線クリームに必要な保湿や、奥底まで浸透してくれる成分が特に優れているものとしてベルタマザークリームをおすすめします。

  • 3)長く使える

妊娠線クリームは妊娠期にのみ使用するもの、と思いがちですが、意外にも産後や赤ちゃんにも使用できたりします。長期間の使用を目的としているのならば、おすすめしたいのがキャリネスボディクリーム。産後のたるみ改善にも効果があり、出産後にも活躍できるアイテムです。

無添加・無香料の妊娠線クリームを選ぼう

妊娠線クリームを選ぶポイントとして数々のおすすめアイテムを紹介していきましたが、妊娠線クリームは妊娠が判明した初期の頃から使用しても問題ありません。予防は早ければ早いほど良いとされており、また妊娠線ができてしまってからでも使用できます。

しかし、妊娠時期はホルモンバランスの変化からつわりが起こったり、また予期せぬ症状に悩まされることも多いので、ぜひ妊娠線クリームは無添加・無香料のアイテムを選びましょう。

美しいお腹をキープするためには妊娠線クリームが不可欠

妊娠線に悩まない楽しい妊娠ライフを送ろう

妊娠線クリームを選ぶにあたり注意したい7つのポイントに関して紹介してきましたが、いかがでしたか?

ボディークリームだけでは皮膚の奥深くまで保湿成分が浸透しないため、専用の妊娠線クリームを使うことが大切です。毎日ケアすることで美しくキレイなお腹を保つことができます。この記事を読んで、自分に合った妊娠線クリームを発見してくださいね。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です