不妊については様々な問題が絡み合っており一概には言えませんが、必ずしも女性側のみにあるとは限らないということです。今回は、男性の方にも知っていて欲しい、男性の妊娠力がアップするメニューのご紹介です。


現代人は精子力が弱まっている!?

食品添加物や加工食品で便利になった現代の食生活が引き起こしている現状

管理栄養士の北田 翔子と申します。今回は男性向けの妊活レシピについてご紹介します。

現代人の精子数は明治時代の男性に比べると約半数にまで減少していると言われており、さらに受精力の弱い奇形精子も増加しています。その原因には食品添加物や加工食品、ファストフードなどの存在が挙げられます。これらは私たちの生活を便利にしてくれましたが、その一方で健康への悪影響をももたらし、「不妊」もそのひとつと言えます。

忙しい現代社会を生きる男性にとって、手早く簡単に食べられて、更に金銭的にも優しい加工食品やファストフードはついつい選んでしまうものかもしれません。ですが、そのような食品だけで健康な体が作られるはずが無い、ということをまずは認識することから始めましょう。今かける多少の時間やコストは自分自身だけではなく、将来の家族の健康にも大きな違いをもたらすでしょう。とは言っても、大げさなことはなく、独身男性でも簡単に栄養のある健康な食事は摂れますので、今回ご紹介いたします。

時短で簡単!ファストフードに代わる男性の妊活メニュー5選

①男性の妊活メニュー:5分❤牛肉の切り落とし&セロリのオイスターソース♪

1

亜鉛が多く含まれる牛肉赤身は積極的に摂りたい食材のひとつです。亜鉛は男性の生殖器官と深い関わりがあり、ある研究では精液中の亜鉛の濃度が高まると精子数は増加し、精子の運動量も増すことが確認されています。亜鉛が不足してしまうと、精子数が減少するだけではなく、奇形精子が増えてしまう可能性も。また、亜鉛の吸収を助けてくれるビタミンCを多く含む食材と一緒に摂ることをおすすめします。

おすすめ簡単メニュー

5分❤牛肉の切り落とし&セロリのオイスターソース♪

参考サイト: 楽天レシピ

②男性の妊活メニュー:トマトと葱の美味しい冷奴

2

精子は活性酸素に弱いという研究結果がいくつも報告されています。活性酸素はストレス・喫煙・過剰な飲酒・紫外線・食品添加物・大気汚染など、また糖質の多すぎる偏った食生活などにより発生するため、このような環境に囲まれている現代人はより注意を払わなければいけません。

もともと活性酸素は必要なもので、その強い攻撃性で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという役割がありますが、必要以上に増えることで健康な細胞まで酸化し、老化の原因となってしまいます。精子の劣化を防止するためには、抗酸化物質を多く含む食品を日常的に摂るようにしましょう。

このレシピは抗酸化力の高いリコピンを多く含むトマトのメニューです。ある米国の研究ではリコピンの摂取量の増加と共に、正常な形状の精子が有意に増加したということも報告されています。

おすすめ簡単メニュー

トマトと葱の美味しい冷奴

参考サイト:cookpad

③男性の妊活メニュー: 朝食にも♡アボカド納豆丼

3

アボカドにはビタミンEが豊富に含まれており、ビタミンEには精子の数を増やすだけではなく、精子の運動量を上昇させ、受精の確立を高めるとも言われています。また、納豆には性ホルモンの分泌を促すムチンや精子数を増やす亜鉛など、精力に関わる機能を高める栄養素が豊富に含まれています。

おすすめ簡単メニュー

朝食にも♡アボカド納豆丼

参考サイト:cookpad

④男性の妊活メニュー:スモークサーモンとほうれん草サラダ

4

β-カロテンは色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。また、サーモンに含まれるアスタキサンチンと言われる紅色成分にも強力な抗酸化作用があり、さらにはオメガ3という人間が体内で作ることのできない必須脂肪酸が含まれています。

現代人はこのオメガ3に対して拮抗作用のあるオメガ6(サラダ油や市販の揚げ物や総菜、加工食品などに多く含まれる)の摂取が増えており、オメガ3が不足している状態にあるので、青魚やナッツ類・亜麻仁油などから積極的にとりましょう。

おすすめ簡単メニュー

スモークサーモンとほうれん草サラダ

参考サイト:レシピブログ

⑤男性の妊活メニュー:5分でもう1品!三葉とえのきのたらこ和え

5

マグロやたらこ、牡蠣などに含まれるセレンは、精子の頭部と尾部をつなぐジョイントの部分に多く存在しており、精子の運動性を維持する上で重要な働きをしています。セレンが不足すると、作られる精子が弱々しく、そのため正常な精子の数が減り、奇形が多くなってしまう可能性があります。こちらのメニューはセレンを多く含むたらこをメインに使った簡単レシピです。

おすすめ簡単メニュー

5分でもう1品!三葉とえのきのたらこ和え

参考サイト:cookpad

まずは認識することから始めよう!

今や日本の7組に1組のカップルが不妊で悩む時代

環境汚染や食品添加物など、私たちをとりまく環境問題が大きく影響しているというのもありますが、海外に比べて「不妊」に関する知識が少ないということも大きく影響しているかもしれません。

先進諸外国では、不妊に関する知識を教育に盛り込むなど、一般の常識として国民に広く知らせています。この現代を生きて行く上でまずは現状を認識し、そして自分事としてきちんと捉えて、自分にできることを実践していくことが大切ですね。

玄米の約23倍のビタミンEと食物繊維・カルシウムを補給

妊活では栄養バランスに気を付けないといけないのはわかってるけど・・・ 
「料理を凝るのは大変」「栄養バランスまで考えられない」

そんなベビ待ちのママにおすすめなのが【ひとてまい
ご飯に入れる事で玄米の約23倍のビタミンEと、 不足しがちな食物繊維・カルシウムなど、 簡単に栄養が摂取できるのおすすめの妊活商品です。⇒ひとてまい公式ページ

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です