妊娠するにあたってとても重要な子宮と卵子ですが、不妊症で悩む女性の多くはこの子宮と卵子に何かしらのトラブルを抱え妊娠に影響を及ぼしています。 しかし、意外にも子宮や卵子のトラブルについてよくわからないという方も多くいらっ […]


妊娠するにあたってとても重要な子宮と卵子ですが、不妊症で悩む女性の多くはこの子宮と卵子に何かしらのトラブルを抱え妊娠に影響を及ぼしています。

しかし、意外にも子宮や卵子のトラブルについてよくわからないという方も多くいらっしゃいます。

その為、今日は子宮と卵子のトラブルについて触れてみたいと思います。

 

子宮内膜症

子宮内膜症とは、正常であれ子宮の内側にできる子宮内膜が、子宮以外の組織で増殖してしまう病気の事を言います。

この子宮内膜が卵管や卵巣の近くで増殖してしまうと、子宮内膜によってつまり等が生じ排卵が難しくなり不妊症の原因となります。

又、30代以降の女性が子宮内膜症を発症する事が多く、症状は激しい生理痛のような痛みが特徴的です。

 

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍の事を言います。

形は固いこぶし状の球形をしており、サイズは小さいものでは顕微鏡的な大きさから、大きいものですと数十センチにも及ぶ事があります。

症状は、生理時の出血量の増加、下腹部の痛み、腰痛、頻尿、便秘、貧血などを引き起こします。

又、サイズの大きい筋腫が複数個ある場合受精卵が着床しにくくなる為、不妊症の原因となります。

 

卵巣のう腫

卵巣のう腫とは、卵巣内部に自身の分泌液や粘液、脂肪等が蓄積する事でできる良性の腫瘍の事を言います。

基本的に卵巣のう腫は良性ではありますが、稀に悪性である事もある為、卵巣のう腫が疑われる場合は直ちに検査を行う必要があります。

症状は、下腹部の膨らみやしこりができこれらには痛みが生じる事があります。

しかし、初期段階では殆どの場合症状が無い為、症状が出ている場合腫瘍が既に大きくなってしまっている事が多いです。

症状がひどい場合は手術を行い卵巣事摘出する必要があります。

 

子宮頸がん

子宮頸がんとは、子宮の入り口である子宮頚部にできるがんの事を言います。

性行為の経験がある女性であれば誰にでも発症する可能性があります。

症状は、初期段階では殆どの場合自覚症状がなく、病状が進行していくにつれて不正出血及びおりものの増加や性行為時の出血等が発現します。

子宮頸がんの場合症状がみられた際には既に命の危険性がある事も多いです。

 

卵巣がん

卵巣がんとは、卵巣にできる悪性のがんの事を言います。

卵巣にできる腫瘍のうち1割弱が卵巣がんとされており、良性であった卵巣のう腫が突如卵巣がんに変異する事もあります。

症状は、病状が進行すると腹部に膨満感や痛みが伴います。

40代以降の女性や、家族に卵巣がんを発症している人がいる方、妊娠及び出産経験のない女性の発症リスクが高いとされています。

 

・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪

 

いかがでしたでしょうか?

今日は子宮と卵巣のトラブルについてお話しました。

私を含めた不妊症で悩む世の女性の子宮や卵子には何かしらのトラブルを抱えている事が多いです。

その為、少しでもおかしいな?と感じた場合は、例え取り越し苦労だとしても病院に行って検査した方がいいと私は思います。

卵子は赤ちゃんの生命の源であり、子宮は赤ちゃんのベッドとなる大事な器官です。

妊娠を希望する私達は卵子と子宮への気配りを忘れてはいけないんだなと日々感じます。

 いつか私も自分の我が子をこの手で抱ける日を夢見てこれからも妊活動を頑張っていこうと思います。

¥

 

・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪

 

ポチっとブログを応援していただけると励みになります↓↓↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村