あなたは妊娠のメカニズムをご存知ですか?妊活中であれば排卵日の知識は持っているかと思いますが、意外と知られていないのは着床までのこと。今回は妊活中の女性が意外と知らないけど覚えていてほしい排卵や着床などについて、それぞれにかかる日数も含めて妊娠の流れに沿ってご説明します。


あなたは妊娠についてどこまで知っていますか?

妊娠成立までの流れを覚えておきましょう

最近は妊娠を望んで妊活に励む夫婦が増えてきましたが、妊活中のみなさんは排卵後のことをご存知ですか?

中には、「排卵日の知識はあるけどその後のことは知らない…」という人もいるのではないでしょうか。

ですが、妊娠を望むのであれば、排卵に関する知識だけではなく妊娠成立までの段階やそれぞれにかかる日数についての知識をつけておきましょう。

子づくりのタイミングをつかめるだけでなく、妊娠にいち早く気づくことができるかもしれません。

妊娠のメカニズム

「受精=妊娠成立」ではありません

grieving women
grieving women / The Advocacy Project

女性のからだの中では、ホルモンの働きにより約1か月のサイクルで排卵と月経(生理)を繰り返し、妊娠の準備をしています。

そして妊娠するためには、大きく分けて4つの段階を踏んでいかなければなりません。それが、排卵・受精・細胞分裂・着床です。当たり前ですが、これらはすべて女性の体の中で行われます。

たまに勘違いしている方がいますが、精子と卵子の受精成立が妊娠の成立というわけではありません。受精が成立してもそのまま流れてしまうことはありますし、うまく着床しなければ妊娠を継続することができません。

妊娠は受精卵が着床して初めて成立したといえるのです。

妊娠成立までの流れ

Young Woman Spectator
Young Woman Spectator / Chris Hunkeler

妊活中の方であれば排卵や排卵日に関する知識はあるかと思いますが、意外と排卵後から着床までの流れを把握していない人は多いようです。

なので、ここではそれぞれの段階にかかる日数も含めて、排卵から妊娠成立までの流れを説明していきます。

01.排卵

女性の子宮内には2つ卵巣がありますが、卵巣内では「卵胞」と呼ばれる卵子のもととなる細胞が育てられています。

卵巣内には卵胞がたくさん存在しているわけですが、排卵の際に出てくることができるのは、基本的に成熟した卵子1つだけです。

また、排卵された卵子の寿命は24時間ですが、そのうち受精可能な時間は排卵後6~8時間といわれています。

02.受精

Women
Women / zhouxuan12345678

射精された精子が卵子と結合し、卵子と精子を包んでいる膜同士が融合することを受精といいます。

射精された精子は遅くても1時間で卵子のもとにたどり着けますが、精子が受精可能な状態になるには射精後5~6時間かかるといわれていますので、遅くても排卵2時間前までに射精されていなければならないということになります。

精子の受精可能な時間は平均36時間といわれており卵子の寿命より長いため、排卵日前に子づくりをした方が妊娠しやすいといわれています。

03.細胞分裂しながら子宮へ

卵管膨大部で受精が成立すると、受精卵は卵管の誘導により子宮へと移動します。

受精卵は子宮へと向かう中で胚分割を繰り返します。受精から約4日後には胚盤胞になり、胚盤胞と呼ばれる状態にまで成長します。胚盤胞は透明帯と呼ばれる膜で包まれており、赤ちゃんと胎盤になるものです。

そんな胚盤胞は、日数にして受精から5~6日後には子宮内へたどり着きます。

そして子宮内をぷかぷかと浮遊しながら子宮内膜に着床するタイミングを待つようになります。

04.着床

胚盤胞を覆っていた透明帯と呼ばれる膜が破れて孵化し、子宮内膜に絨毛と呼ばれる根を張ります。こうして受精卵が子宮内膜に結合することを着床といいます。

受精卵が子宮に到着してから約2~3日で着床するといわれています。

一言で着床といっても、着床が始まってから完了するまでに日数差があることは知っていますか?

一般的には着床開始が受精6~7日後、着床完了が受精12~13日後とされており、着床開始から着床完了までにかかる日数は約5日といわれています。

排卵から着床までの日数

Indian lady sweeping
Indian lady sweeping / 2ose

排卵から着床までの流れを説明しましたが、理解できましたでしょうか?

「結局排卵から着床までは何日かかるの?」と排卵から着床までの日数をうまく理解できなかった方のために、もう少し簡単に段階と日数について説明します。

受精:排卵日

  • 受精5~6日後:受精卵が子宮内に到着
  • 受精6~7日後:着床開始
  • 受精12~13日後:着床完了

このように、排卵後の簡単な流れでいうと、排卵日に受精し、排卵日から数えて13日目には着床が完了していることになります。

つまり排卵から着床完了までは2週間くらいかかるということですね。

妊娠検査薬は着床したらすぐ反応する?

タイトルなし
タイトルなし / RenaudPhoto

着床して初めて妊娠したといえるといわれていますので、着床の時期がわかると、「着床すれば妊娠検査薬が反応するの?」といった疑問も出てくるのではないでしょうか?

答えとしてはNOです。着床完了日とされる受精後13日後に妊娠検査薬を使用しても陽性が出ることはまずないでしょう。

理由は尿中hCG濃度が25IU/Lに達するのは着床完了から約3日後だといわれているからです。

早期妊娠検査薬で反応するhCGの濃度が25IU/Lで、生理予定日から使える一般的な妊娠検査薬で反応するhCGの濃度は50IU/Lですので、着床完了後すぐには反応しません。

ただ、それぞれの段階でかかる日数には個人差があるため、着床完了日だと思っていた日が着床完了から3日以上経っていたということもあると思いますので、その時には妊娠検査薬では陽性反応が見られるかもしれませんね。

着床が完了して初めて妊娠が成立したといえる

着床完了は排卵から約13日後

排卵から妊娠成立までの流れを説明しましたが理解できましたか?意外と知らなかったことがたくさんあったのではないでしょうか?

日数に関しては意識していない人も多かったと思いますが、排卵後無事に受精できた受精卵は、たった2週間でさまざまな段階を踏んで着床完了まで進めていきます。

受精ですら奇跡といわれているのですから、妊娠の成立は本当に奇跡だということがわかりますね。

排卵のタイミングを狙って子づくりするだけでなく、着床して妊娠成立へと導くことのできるようにからだに気を付けて過ごすようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
26+

※会員登録やログインは不要です