妊娠超初期の症状の一つとして、着床出血があります。特に妊活中の人は出血があると、これが生理なのか着床出血なのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、着床出血と生理の出血の違いについて解説いたします。


生理と着床出血の出血に違いはあるの?

時期や量のほか自分の体のリズムを観察してみよう

妊活中の人は、生理予定日周辺に出血があると、また生理が来てしまったとがっかりしてしまいますよね。
しかし、その出血は妊娠による着床出血の可能性があります。

着床出血は、子宮に受精卵が着床した際に出る少量の出血のことです。生理予定日近くに起きることが多いため、生理と勘違いしていたら実は妊娠だったということも少なくはありません。

また妊娠検査薬が使えない時期だと、一体どちらなのか見当がつかずに不安になりますよね。そこで、出血量や時期を見てある程度の予測を立ててみましょう。

着床出血と生理の違いを見極めるポイントについて

着床出血ってどうして起こるの?

排卵から着床

着床出血は、最後に生理があった後に子宮内にて受精が行われ、着床が起きることによって生理に近い出血がある妊娠超初期に見られる症状のことです。

受精卵は卵管を通って、子宮の内膜深くに潜り込みますが、このときに絨毛が子宮の壁を傷つけることで出血が起こります。

人によっては生理痛のような痛みを伴うことがありますが、この痛みは何日も続きません。

生理予定日周辺に起こるため、生理による出血なのか、妊娠したことで起きた着床出血なのか判断が難しいため、迷ってしまう人も多いです。

この着床出血は、妊娠したからといって必ず起きる出血ではありません。妊娠した人全体の1割ら2割程度が経験しており、実は着床出血がなかったという妊婦の方が多いのです。

そのため、着床出血がなかったからといって妊娠していないわけではないので注意しましょう。

着床出血ってどういう出血なの?

beautiful faces
beautiful faces / tommerton2010

着床出血は、出血といってもごく微量の血液が出る場合がほとんどです。

  • さらっとしたおりものに鮮血が少し混ざったピンクのようなもの
  • 生理の終わりかけのような茶色い出血
  • いつもより色が濃い程度のおりもの

このような症状を訴える人が多く、着床出血をおりものと勘違いする人もいます。

生理ではないため、出血があったとしても1日から2日で収まる場合がほとんどなので、妊娠を意識していない人は生理不順だったのかと考えてしまいがちです。出血は受精した日から5日から10日後に起こることが多いです。

そのため、生理予定日よりも3日から5日程度前に少量の出血がある可能性が高いので、今月は少し早めに出血があったと感じたら着床出血を疑ってみましょう。

ごくまれに、まるで生理初日のような多めの着床出血が起こる人もいます。しかし、あまりにもたくさんの出血が続くようであれば、子宮外妊娠の可能性があるので妊活中の人は注意深く観察していきましょう。

子宮外妊娠

子宮外妊娠の場合は、日数が経つにつれて強い腹痛を感じます。気づかずに症状が進むと、ナプキンでは収まりきらないような大量な出血があり、強い腹痛と吐き気をともないます。

放っておくと、卵管破裂や卵管流産という危険な状態に陥ってしまうため、早めに手術をする必要があります。もし、普段と生理の様子が違うと思ったら早めに婦人科を受診しましょう。

基礎体温を見て出血のタイプを判断しよう

基礎体温

着床出血は人によっては生理と同じくらいの量の出血があるので、妊娠検査薬を使うまでの間正確な判断ができずにソワソワしてしまいますよね。そこで、妊娠したのかどうかの目安として使えるのが、基礎体温のグラフです。

基礎体温は生理終了後に低温期が続き、排卵が起きた周辺から高温期へと切り替わります。

この排卵日周辺に妊娠が成立すると、生理予定日がやってきても高温期を維持したままの状態が続いていきます。

もし、高温期が2週間以上継続しているようであれば、出血が着床出血である可能性が考えられるでしょう。普段から基礎体温の記録を続けることで自分の体調の変化を見極める習慣をつけておくことが大切です。

生理や着床出血だけが出血の原因ではない

medieval woman on a bike
medieval woman on a bike / hans s

生理予定日周辺に出血があると、生理か着床出血の可能性を考えてしまいがちですが、他のことが原因による出血もあります。

たとえば、膣内がただれて炎症が起きていると下着に付着する程度の出血が起こる場合があるのです。特に性生活による膣内の刺激、産科での内診、子宮頸部にびらんなどが理由として考えられるので、出血が起きたらこのような原因がないか思い出してみましょう。

また、便秘に悩んでいる人は、便が固くなっていることによって排便時に出血をともなうことがあります。

下着につく程度の少量のものから、肛門が切れたことで便器が真っ赤になるほどの出血がある人もいます。

特に痔がある人は、妊娠をきっかけに赤ちゃんの重みなどが理由で症状が悪化する場合も多く、分娩時はいきみによって大量出血が起こる危険性も考えられます。

妊活中の人は膣や子宮頸部にびらんなどの炎症、また痔や便秘などの肛門のトラブルをできるだけ治しておきましょう。

妊娠検査薬のフライングに注意しよう

Maria
Maria / alenka_getman

生理予定日付近に出血があると、生理なのか着床出血なのか不安になって、妊娠検査薬を早く試したくなりますよね。

基本的に妊娠検査薬は生理予定日から一週間後に使うことで、正確な結果を出すことができます。それよりも早く妊娠検査薬を使うと、たとえ妊娠していても陽性反応が出ないことが多いので、説明書にある正しい使用方法を心がけましょう。

また、生理予定日がわからない人は、性交があった日から三週間後を目安に検査薬を使ってみてください。

正しく妊娠検査薬を使っても陰性なのに、生理がこないといった場合は、ホルモンバランスの乱れによる生理不順や、何らかの婦人病が隠されている可能性があります。

生理予定日を一週間過ぎていても生理が起きない場合は、一度婦人科を受診して異常がないか診察してもらいましょう。

生理と着床出血は見分けがつきにくい

検査薬が使える日までゆったりとした気持ちで過ごそう

特に妊活中の人は、出血があると生理なのか着床出血なのか気になってしまいますよね。着床出血は生理との違いがあまりないため、正確に見極めるには妊娠検査薬を使う必要があります。

出血があったからといってあわてて婦人科を受診しても、あまりにも妊娠初期であるとエコーを見ても、検査薬を使っても判断ができない場合が多いです。

気持ちを落ち着けて妊娠検査薬が使える生理予定日一週間後を待ちましょう。できるだけストレスをためずに、ゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です