妊娠しやすい時期を知っておくことは大切です。妊活の成功だけでなく、妊娠初期を安全に安心して過ごすためです。また忙しい毎日の中、妊娠しやすい時期がいつかを知っているかどうかで、妊娠できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。ぜひ参考にしてください。


妊娠しやすい時期を知っておく理由

妊活成功と妊娠初期を安心して過ごすために

今まさに妊活を行っている方、できれば赤ちゃんが欲しいなと思っている方、さまざまな方がいますが、女性にとって妊娠しやすい時期を知っておくことは大切です。

妊娠しやすい時期を知ることで、妊活が成功するだけでなく、妊娠初期を安全に安心して過ごすためです。

特に、すぐにでも妊娠を希望している!という場合は、ぜひ妊娠しやすい時期を知っておきましょう。また、最近では仕事を持ち忙しくしている女性が多くなっています。忙しい毎日の中で、妊娠しやすい時期がいつかを知っているかどうかで、妊娠できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。ぜひ参考にしてください。

妊娠しやすい時期を知るためにすべきこと

妊娠しやすい時期を知るには、排卵日を知ることが基本

妊娠しやすい時期は、「排卵日」が大きく影響しています。そのため妊娠を希望する女性が今すぐした方が良いことは、自身の排卵日を特定し予測することです。

排卵日を特定した後は、排卵日から計算できる妊娠しやすいタイミングを狙ってパートナーと仲良しをすることです。排卵日を予測することはとても重要です。

排卵日を特定するには3つのステップがあります。次の項からご紹介しましょう。

排卵日を知る①基礎体温で知る

基礎体温を測ると排卵日を予測することができます。毎日同じ時間帯に体を安静にした時間に測ることが必要で、一般的には朝目覚めた時に計測します。基礎対応専用の体温計で、口の中(舌の下)にはさみ測ります。基本的には毎日同じ時間帯に計測するのが理想です。

基礎体温を計測し、その体温を折れ線グラフにしていくと、低温の時期と高温の時期の2つに分かれます。基礎体温の傾向としては、生理が始まるときに体温が下がり、生理中や生理の後は低温期が続きます。そして、低温から高温に移行する境目が排卵日です。

排卵日の特定方法として一般的な基礎体温表ですが、正しい結果が得られるとは限りません。それは、測定時間や方法がバラバラであったり、もともと体温に変化がない体質の場合など、個人差が大きいからです。

ただし、排卵日を予測する上で基礎体温をつけることは基本なので、ぜひ続けていきましょう。

排卵日を知る②おりもので知る

排卵日を知る次の方法として「おりもの」があります。おりものは体から出る分泌物で、特に排卵日付近には変化が見られます。

排卵日のおりものの特徴は、指につけて伸ばすと10cm近く伸びる、色が透明になる、水に入れても溶けないなどの特徴があります。

妊娠を希望したら、生理が終わった後からのおりものの量や形状、粘度を観察してみましょう。

ただし、おりものの量や特徴は個人差や年齢差が大きいものです。おりもので排卵日を知るのは、あくまで基礎体温表の裏付けとして利用することがおすすめです。

排卵日を知る③排卵検査薬で知る

排卵日を知る3つ目の方法が、排卵検査薬を使うことです。排卵検査薬とは、尿で排卵日を特定できる検査薬です。妊娠検査薬と同様に尿で検査をしますが、排卵検査薬は紙コップなどに入れた尿に浸して検査します。

尿から排出されるホルモンの中で、排卵日直前に増加するホルモンがあり、その濃度を測ることで排卵日を特定できます。排卵日検査薬を使い陽性反応が出ると、そこから24時間以内に排卵が起こるというものです。

排卵検査薬を購入するには、薬剤師のいる薬局で購入するか通販となります。妊娠検査薬とは異なり、数日間の間に複数本を使うことになる排卵検査薬なので、まとめて購入しておくことが良いでしょう。

ただし、排卵検査薬で必ず正しい結果が得られるとは限りません。水分摂取量の違い、月経周期が不規則、不妊治療のホルモン療法などが影響します。また、通販などで入手できる安価な海外製の排卵検査薬は精度が落ちる場合もあります。

確実に知るためには不妊クリニックへ

この3つのステップを試してみて排卵日を自身で予測することも大切ですが、より正しく知るためには、不妊クリニックや産婦人科で排卵日を特定する方法がおすすめです。

クリニックでは、超音波を使い卵胞の大きさを直接計測することで排卵日を予測します。卵胞は一定の大きさになると排卵するため、現時点での卵胞の大きさから排卵日を予測するのです。また、卵胞が排卵しているかどうかも超音波でわかります。

超音波検査では内診で器具を挿入しますが、痛みはほぼなく、慣れてくれば日常的になります。より確かな方法で排卵日を知るには不妊クリニックを利用するのが良いでしょう。

排卵日からわかる!一番妊娠しやすい時期

排卵日を特定できれば、簡単に妊娠しやすい時期がわかります。

妊娠しやすいのは、排卵日の3日前~排卵日の1日後までです。決して排卵日当日だけではありません。妊娠を希望している人は、この時期を必ず知っておきましょう。基礎体温表をつけておりものをチェックし、必要に応じて排卵検査薬やクリニックに通院することで、毎月のリズムがわかってきます。

妊娠しやすい時期を意識しすぎず、リラックスして過ごすこと

ストレスやプレッシャーは大敵

排卵日を特定、予測でき、この日に仲良しした方がいい!とわかっていても、仕事や育児に追われていると難しいこともありません。また、パートナーに対して「今日は排卵日だから・・・」と伝えると男性はプレッシャーを感じる場合もあります。

男性はプレッシャーを感じると、精子の数が減少したり、運動率が悪くなることもあります。女性にとっても義務感からのスキンシップはストレスを感じることもあるかもしれません。

妊活中は特に排卵日を意識する毎日かもしれませんが、過度に意識をせずリラックスして過ごすようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です