妊婦さんに必須栄養素だと言われている「葉酸」ですが、なぜそんなに葉酸が重要なのでしょうか。ここでは葉酸が妊婦さんに必要な理由と共に、上手に摂取する為のポイントをご紹介します。


なぜ葉酸サプリは必要なの?

葉酸はお腹の赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素!

「妊娠したら葉酸を摂取しよう」と母親教室や、産婦人科で合言葉のように指導されることが多々あるのではないでしょうか。

でもなぜ葉酸が必要なのか、その本当の理由をあなたは御存じですか?

葉酸の役割で一番重要なのは、お腹の母ちゃんが無脳症や二分脊椎などの神経管閉鎖障害の疾患を持って生れてくるリスクを下げることです。

ではどうすれば葉酸の効果をより実感できるか5つのポイントに分けてご紹介したいと思います。

葉酸サプリの摂取ポイント5つ

1. いつから葉酸サプリは必要?

葉酸を摂取すると神経管閉鎖障害のリスクを下げられるというお話を前段でしましたが、この効果を実感するためには葉酸を飲み始める時期が重要です。

なぜなら赤ちゃんの神経管が母親のお腹の中で形成されるのは妊娠2~3カ月ごろだと言われています。

では女性が妊娠に気づく時期はいつごろが多いでしょうか?

実は3カ月を過ぎてから妊娠に気づく女性も大変多いのです。

例えば妊娠4カ月目に妊娠に気づいて、そこから葉酸を摂取したとしても赤ちゃんの神経管はすでに形成されていることが多いのでそれでは少々遅いのです。

ですから結婚してそろそろ赤ちゃんが欲しいなぁと思い始めた時点で葉酸を飲み始めるといいでしょう。

2. いつまで葉酸サプリを飲めばいいの?

胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げるという観点だけで言うと、妊娠2~3カ月目で終了してもかまいません。

ですが葉酸には血液を作る働きがあるので、貧血予防に大変効果があります。

妊娠中はお腹の赤茶に栄養が優先して取られるので、貧血になる妊婦さんは多数います。

私は長男妊娠時、葉酸を摂取してなかったせいもあったのか、出産するまで貧血気味で薬を処方されていましたが、次男妊娠時は妊娠前から積極的に葉酸サプリを飲んでいたからか貧血にはなりませんでした。

もちろん葉酸サプリだけが全ての原因ではないかもしれませんが、要因の一つであることは間違いないと思います。

また母乳は血液から作られているので、出産後母乳育児をする時にも葉酸を飲むといいでしょう。

葉酸は妊娠初期だけでなく出産後まで引き続き葉酸を摂取することで貧血予防できるのです。

3. 食べ物だけで葉酸を摂取できないの?

葉酸とは名前の通り、葉物野菜に多く含まれている事が多く、ビタミンの一種です。

葉物野菜以外にも納豆やレバー、ウニにも多く含まれており、食べ物から葉酸を摂取することができるので、わざわざサプリまで飲む必要はないのでは?と思われるかもしれません。

通常の日常生活を過ごす上では、食事で摂取する葉酸だけで十分必要量を補えている方がほとんどなので問題ないでしょう。

しかしながら妊婦さんの葉酸必要量は非妊娠時の2倍と言われており、この全てを食事だけで摂取することは非常に困難なので、補助的な役割としてサプリメントの服用が必要だと言われています。

4. 葉酸は熱に弱く体に蓄積されにくい!

葉酸は水溶性のビタミンなので、調理で加熱することにより、食品に含まれる葉酸の半分ほどが無くなってしまいます。

もしもホウレンソウを必要量分食べようとしておひたしにして食べるとすると、おそらく塩分の取りすぎになり、ブロッコリーをサラダで食べるならドレッシングの成分にもよりますが油分や塩分を取りすぎてしまうことになります。

せっかくホウレンソウやブロッコリーをたくさん食べたとしても、これでは葉酸を効率よく摂取できないのです。

また葉酸は体内に蓄積されず排出されるので、継続して摂取しないといけませんが、毎日ホウレンソウやブロッコリーを食べることは難しいのではないでしょうか。

その点サプリメントなら葉酸の栄養素が凝縮して詰まっているので、食事で足りない分を効率よく摂取することができます。

5. 忙しい時やつわりで食事の用意が難しい時もサプリなら手軽

私も経験済みですが、葉酸の最も必要な妊娠初期はつわりで苦しむ女性が多いかと思います。

お腹の赤ちゃんのために葉酸を始めとする色んな栄養バランスのとれた食事を作りたいと頭では思っていても、つわりが酷い時はそれどころではありません。

食事の用意はおろか、自分が食べることすらできない場合だってあるのです。

また仕事をしながら妊活している女性も多いと思いますが、忙しい日が続くと中々手料理を作れない日も多々あるでしょう。

そんな時にもサプリメントならさっと手軽に栄養補給ができるので、普段の食事で足りない分を補う形でサプリメントを取り入れるといいのではないでしょうか。

まとめ:他にもあった葉酸のメリット

最大のメリットは神経管閉鎖障害のリスクを低減

葉酸を妊婦さんが摂取する最大のメリットは神経管閉鎖障害のリスクを低減することですが、貧血予防にも効果があるので長く飲み続けることで健康なマタニティ、ママライフを過ごすことができます。

最近の研究では葉酸は動脈硬化を予防する効果があると言われています。

また細胞の生成を助ける働きがあるので、葉酸は性別年代を問わず飲むと健康に効果がある栄養素といっていいでしょう。

食事で葉酸を含む食品が不足しているなと感じたら、サプリメントを活用すれば効率よく摂取できるので積極的に活用しましょう。

サプリメントには値段の差や天然成分、合成成分と様々な違いがありますが、国産で安心して飲めるものであれば天然成分でも合成成分でも構いません。

ただし過剰摂取には気をつけて!

葉酸サプリを摂取する時に注意してほしいのは過剰摂取です。

葉酸サプリが妊婦にはいいと聞くと、とにかく沢山摂取するべきと思う方もいるかもしれませんが、葉酸の過剰摂取は発熱、じんましん、かゆみを招く時もあるのでサプリメントに書かれてある指示量を守りましょう。

私たちは体にいいと言われると一つの食材や栄養素ばかり摂取しがちですが、何事も適量にバランスの良く食べることがより大切です。

葉酸もサプリメントを利用すれば手軽に栄養を取ることが出来ますが、あくまで栄養補助食品なので普段の食生活の中で摂取できるよう心がけましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です