妊活中の女性にとって有益な葉酸ですが、過剰摂取すると危険性も現れます。どのような葉酸を摂取していれば安心なのか、また葉酸サプリメントなどによる取り過ぎはどような症状がでるのか、具体的に解説していきます。


葉酸の取り過ぎにご用心

妊娠初期の赤ちゃんへのリスクを低減させる葉酸

妊活を始めたら、将来の妊娠に備えて体質改善や生活習慣の見直しをされる女性も多いはず。サプリメントを飲み始めるのも大切な妊娠準備のひとつですね。

「葉酸」サプリメントは妊娠初期の赤ちゃんへのリスク低減のため摂取を推奨されているので、妊活を機に飲み始めたというかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、妊活中の女性にとって有益な葉酸ですが、過剰摂取すると危険性も現れます。今回はそんな葉酸の過剰摂取の影響についてみていきましょう。

妊活における葉酸の役割と摂取する場合の注意点

赤ちゃんの健やかな発育に必要不可欠な葉酸、その摂取方法は?

「葉酸」ってなあに?

葉酸とはビタミンB群の一種で、DNAの合成に関わり細胞分裂がスムーズに行われるよう働きます。妊娠初期は胎児の脳や神経といった重要部分が形成される時期であるため、この時期に必要量の葉酸が摂取されなければ細胞分裂が滞ってしまい赤ちゃんに神経管閉鎖障害(二分脊椎症や無脳症などの先天異常)発症の危険性が高まることが報告されています。

妊活中に大切な「葉酸」の働き

妊活中に大切な「葉酸」の働きをまとめてみると

  • 妊娠初期の赤ちゃんへのリスク低減
  • 血液を作るのに必須のビタミン(貧血予防など)

大きく分類するとこの2つです。

妊娠初期の胎児へのリスク低減のために妊娠可能性のある女性へは積極的な葉酸の摂取が推奨されています。妊娠を予定している女性はサプリメントなどの栄養補助食品から一日400μgのモノグルタミン酸型に加工された葉酸の摂取が望まれています。

また、葉酸は体内で血液をつくる時に必須のビタミンでもあります。妊活中、妊娠中から授乳中にかけて血液は女性のからだや赤ちゃんに栄養を与えるツールになったり、母乳をつくるもとになったりと大活躍します。妊娠時の貧血予防の観点からも不足しないようにとりたい栄養素ですね。

【参考:厚労省HP 葉酸とサプリメント-神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果】

葉酸の造血作用は妊娠中から出産後、授乳時にも重要な役割を果たします。お母さんから赤ちゃんへは血液を通して栄養が運ばれていきます。そして母乳は血液をもとにつくられるので、妊活から授乳の時期にかけて葉酸は大切な栄養素となってくるのです。それでは次に、この葉酸はどのようにして摂取すればよいのかを見ていきましょう。

400μg / 1日、賢い葉酸の取り方とは

葉酸が含まれる食品として代表的なものは以下があります。

  • ホウレン草
  • ブロッコリー
  • 豆類
  • キウイ
  • レバー

しかし食品に含まれる葉酸は調理の段階でそのほとんどがゆで汁に溶けだしたり、体内で吸収される率が低かったりします。

効率よく葉酸の恩恵を受けるためには普段の食事にプラスしてサプリメントなどの栄養補助食品から摂取するのがおすすめです。妊活時はいつ妊娠してもおかしくない時期。食生活にプラスしてサプリメントなどからも葉酸をとる習慣をつけておきたいものですね。

私の場合・・・

私は複数の会社のサプリメントに配合されている成分や加工国などを比べて安全で納得いくと思ったものを通販で申し込みました。カルシウムや鉄など女性が普段から取っておきたい栄養素も含まれていることも購入の決め手になったことを覚えています。通販で一度申し込むと忘れた頃に案内のハガキが届いたりするので忘れっぽい性格の私には助かりました。

また、飲み続けていくために食卓の目の届くところに置いておくこともお薦めします。妊活前はサプリメントを購入したものの、最後まで飲みきったことがなかったのですが、妊活のためと思うと不思議と飲む気になれるから不思議ですね。

サプリメントなどの栄養補助食品から葉酸を摂取する場合の注意点

葉酸を食物からとる場合、水溶性ビタミンであり体内での吸収率も低いため取り過ぎを心配する必要はないと言われています。

気を付けなければいけないのがサプリメントからとる場合の過剰摂取です。適量では栄養になるものも、過剰になると体に害を与えるものになるからです。葉酸も例外ではなくサプリメントなどによる取り過ぎは次のような危険性を招く可能性があります。

葉酸は妊活にとって欠かせない栄養素ですが、多く取ったからといってその働きが向上するものではありません。サプリメントから取る場合は400μgを目安に、説明を注意深く読んで取り過ぎにならないように注意しましょう。

  • 葉酸過敏症:
    1,000~10,000μg(1~10㎎)の大量摂取になると蕁麻疹、発疹、呼吸障害などの葉酸過敏症をおこす可能性があります。
  • 神経症状を伴う貧血:
    葉酸はビタミンB12と協力して血液をつくります。葉酸を取り過ぎた場合、ビタミンB12が欠乏しているということの発見が遅れ神経症状を伴う貧血が続く場合があります。

葉酸サプリメントにプラスされている栄養素にも注目

妊娠初期に必須の栄養素「葉酸」ですが、この多くの葉酸サプリメントにプラスαで様々な栄養素が加えられていることがあります。この栄養素にも注目しご自身のからだに必要なものを選んできましょう。

たとえば、私が気をつけていたのは脂溶性ビタミンが含まれていないかどうかという点でした。体に有益なビタミンA・D・E・Kなどの脂溶性ビタミンもサプリメントなどによる取り過ぎは逆効果となってしまいます。これらのビタミンは脂溶性のため、尿などで体外へ排出されずに体内に蓄積され過剰症を招く危険があります。

複数のサプリメントを飲む場合は他のサプリメントと体内蓄積型の栄養素がかぶっていないかどうかチェックしてみましょう。

妊活中は葉酸の取り過ぎに注意して母体と赤ちゃんを守りましょう

お母さんと赤ちゃんの健康を守る葉酸

妊活中は赤ちゃんのためについつい頑張ってしまいがち。サプリメントは薬ではありませんが、使い方次第では悪影響を及ぼすおそれもあることを忘れないでください。適量摂取を守って健康的な妊活期間を過ごしましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です