妊娠を希望しているにも関わらずなかなか妊娠しない女性で、多嚢胞性卵巣症候群と診断される場合があります。多嚢胞性卵巣症候群がどのような症状で妊娠にどう影響するのかを理解しつつ、多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠する確率をアップできる5つの方法をご紹介します。


☆ベビまりセレクション

今までの妊活サプリメントには入っていない「ピニトール」という成分を配合した
VEGEMAMA ベジママ

海外では多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールが使用されていると話題に!ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群になると欠乏するカイロイノシトールを生成するとのこと。

詳しくはこちら

多嚢胞性卵巣症候群と妊娠について

急増している多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群と病院で診断されたけれど、自然妊娠はもう無理?と悩む女性が今急増しています。妊娠するために重要な排卵に障害が起きている状態です。

ただし、多嚢胞性卵巣症候群となっても妊娠できる確率はゼロではありません。そのために何を行えばよいか、確率をアップさせる5つの方法をご紹介します。

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠の確率をアップする5つの方法

多嚢胞性卵巣症候群とは?

多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群とは、排卵障害を起こしている状態です。不妊クリニックや婦人科病院での超音波検査で分かります。具体的には、卵巣内に小さな卵胞が無数にあり、かつ排卵しづらいか排卵しない状態を指します。また、男性ホルモンや黄体化ホルモンの値が高いという症状もあります。ホルモンが影響し、卵胞がしっかり成熟しても卵胞を突き破ることができず、排卵しづらくなっているのです。

多嚢胞性卵巣症候群という長い名称ですが、深刻な状態であることは少ないものの、不妊の大きな原因の1つとして現在、急増している疾患です。

多嚢胞性卵巣症候群になったら妊娠できないの?

Pregnant
Pregnant / be creator

不妊クリニックや婦人科病院で多嚢胞性卵巣症候群と診断されたら、もう妊娠はできないのでしょうか?

不妊の原因の1つと言われている多嚢胞性卵巣症候群ですが、決して妊娠できない状態ではありません。もちろん程度や治療方法によって異なりますが、正しい対処を行えば大丈夫です。

それでは、次の項から、多嚢胞性卵巣症候群になっても妊娠の確率をアップできる5つの方法をご紹介します。

方法1. 薬・注射・手術など対処を行う

Department of Obstetrics and Gynecology.
Department of Obstetrics and Gynecology. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

多嚢胞性卵巣症候群は病気ではないため、治療ではなく対処法となります。排卵障害やホルモン値が高いことなどの状態を改善するため、不妊クリニックや婦人科病院へ通院しましょう。

多嚢胞性卵巣症候群を改善するためには、排卵誘発剤の内服薬や注射が挙げられます。また、腹腔鏡を用いた手術療法もあります。いずれも医師の診断の元、多嚢胞性卵巣症候群のレベルに応じて進めていくことが大切です。

方法2. 不妊治療をステップアップする:人工授精

SAKIKO.
SAKIKO. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵しづらい状態です。運良く排卵した場合は、そのチャンスを有効活用するために人工授精にステップアップすることも1つの方法です。

タイミング法での自然妊娠と異なり、人工授精は子宮内にチューブを使って確実に精子を入れ込む方法です。クリニックではエコーなどを使って、妊娠する確率の高いタイミングを入念に定め、そして精子を洗浄し運動率を高めてから注入するため、妊娠率をアップさせることができます。

方法3. 不妊治療をステップアップする:体外受精

体外受精

人工授精よりもさらに妊娠率を高める方法にステップアップする場合、体外受精となります。今や新生児のうち40人に1人が体外受精で生まれていると言われ、多くの女性が選択している手段です。

体外受精とは、女性の体から排卵前の卵子を採取し、体の外で精子と受精させ、受精した胚を子宮に移植することで妊娠を目指す高度不妊医療です。体外受精による妊娠率は年齢や状態によってさまざまですが、自然妊娠や人工授精の3.4倍の高い確率になることもあります。

多嚢胞性卵巣症候群で排卵しづらい状態の場合、妊娠率の高い体外受精を選択することは、妊娠成立への近道となります。

方法4. ダイエットする

JOG SHOT
JOG SHOT / whologwhy

多嚢胞性卵巣症候群と肥満には大きな関連があります。肥満体型だけでなく、内臓脂肪の多い隠れ肥満も同様です。そのためには、正しい方法でダイエットや減量を行うことで妊娠の確率をアップさせることができます。

あまりに急激なダイエットはホルモンバランスを崩しやすいため危険です。1ヶ月に体重の5%程度を減らすことを目標にすることがおすすめです。(60kgの場合、1ヶ月に3kg減量)

適度な食事制限と定期的な運動を行いましょう。

方法5. 体質改善

Bath
Bath / dan taylor

多嚢胞性卵巣症候群と診断されたけど妊娠できた!という人の中には、体質改善に取り組んだ、という人が多くいます。多嚢胞性卵巣症候群かどうかに関わらず、妊娠成立するために健康な体である必要がありますよね。

代表的な生活改善についてご紹介します。

  • 冷え性、低体温の改善
    冷えた体は受精しづらいと言われています。靴下や腹巻、入浴などの外側から温めることと、しょうがなどの体を温める食材や適度な運動で内側から温めることが効果的です。
  • 規則正しい生活
    規則正しい生活も大切です。ママの体験談の中では「1人目の赤ちゃんは体外受精で授かったものの、2人目は自然妊娠できた。子供とともに早寝早起き、バランスのとれた食事、散歩などで適度に体を動かすという生活になったから」という話も耳にします。
  • ストレスをためないこと
    ストレスを感じると、脳はストレスへの対処に精一杯になり、生殖機能へ手が回らなくなると言われています。適度な運動など自分なりのストレス解消方法を見つけておきましょう。

体質改善は他にも数多くの方法があります。今ご自身で抱えている症状や体質を改善するために、ぜひさまざまな方法にチャレンジしてみましょう。

多嚢胞性卵巣症候群を克服して赤ちゃんに出会うために

生活習慣の見直しと適切な対処法を行うことです

多嚢胞性卵巣症候群になっても妊娠の確率をアップできる5つの方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?多嚢胞性卵巣症候群でも自然妊娠した経験者は数多く存在しています。決して自然妊娠できない症状ではありません。

また、多嚢胞性卵巣症候群であるかどうかに関わらず、どの女性にとっても妊娠することは奇跡的な確率です。日頃の生活習慣を見直し適切な対処法を受けながら、多嚢胞性卵巣症候群を改善していくとともに、妊娠を目指しましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
11+

※会員登録やログインは不要です