妊娠初期に起きる症状として下痢・腹痛が続くことがあります。女性の体は妊娠をすると大きく変化し、特に妊娠初期にはつわりをはじめとした体調の変化も大きくなります。流産のリスクが一番高い妊娠初期に下痢や腹痛が続くことについて心配はないのでしょうか?今回はそのリスクや原因、対策方法についてまとめました。


妊娠初期に腹痛と下痢が続いて不安な方へ

腹痛や下痢は妊娠初期の代表的な症状です

妊娠すると女性の体にはさまざまな変化が訪れますが、その1つとして腹痛や下痢があります。普段であれば、体が冷えたかな?何か食べ物に当たったかな?と思って市販薬で症状を抑える人が多いかもしれませんが、妊娠初期であれば薬を飲むこともできず不安や心配を抱えている方も多いかもしれません。

今回は妊娠初期に腹痛や下痢が続く原因とその対策についてご説明します。

妊娠初期に腹痛・下痢が続くのは大丈夫?

妊娠初期に下痢や腹痛が続く原因

second trimester
second trimester / koadmunkee

まずはなぜ下痢や腹痛が続くのか5つの原因を見ていきましょう。妊娠によって女性の体は大きく変化するため、その影響として腹痛や下痢が起きると考えられます。

  1. 体の冷え

妊活中から冷え対策を完璧に行っている人は多いはずですが、妊娠初期は体の内部から冷えてしまうことがあります。それは妊娠によるホルモンバランスの変化によって体温調節がうまくいかなくなることが影響しています。体が冷えてしまうと胃腸の機能が低下し腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

  1. つわりや胃のむかつきで食事が偏る

妊娠初期によく起こるつわりや胃のむかつきで、食事が偏ってしまうことも原因です。喉を通りやすい水分の多い食べ物ばかりを食べたり、特定の食品のみを食べる食生活などです。特につわりが重い場合は飲み物しか口にできないということもあります。食事が偏ってしまうと胃腸を荒らし、腹痛や下痢の原因となります。

  1. 自律神経が乱れる

便や尿などの排泄には自律神経が大きく関係していますが、妊娠するとホルモン分泌が大きく変化しなおかつ自律神経も乱れてしまうことがよくあります。自律神経が乱れることで下痢・便秘・腹痛などを引き起こしてしまうようです。

  1. 女性ホルモンにより腸の運動が鈍くなる

妊娠すると多く分泌される女性ホルモン、プロゲステロンは腸の運動を鈍くする働きがあります。プロゲステロンは妊娠中に必要不可欠なホルモンですが、腸の動きを鈍くすることで上手に水分や便を排出できなくなり、下痢や腹痛を引き起こしてしまうことがあります。

  1. 貧血対策の薬

妊娠初期は貧血になりやすいために病院で貧血対策の薬を処方されることがあります。貧血対策の薬は鉄分を多く含むためぜひ摂取した方が良いのですが、その副作用として下痢になってしまうこともあるようです。

妊娠初期に下痢や腹痛が続いたときの対処方法

B Maternity
B Maternity / erinw519

下痢や腹痛が続く場合の4つの対処方法をご紹介します。

  1. 冷え対策

下痢・腹痛に冷えは大敵です。いつも以上に意識して体を温めるようにしましょう。

  • 腹巻をつける
  • カイロを使う
  • 厚着する
  • 湯船にゆっくりつかる
  • 冷たい飲み物、食べ物を控える
  1. 胃腸に負担をかけない

下痢・腹痛は胃腸腸の動きが弱っているために起きていることがあります。そのため胃腸に負担をかけないようにすることも大切です。主に食生活や食事内容に気を遣うことで胃腸への負担を減らしましょう。

  • 消化に良い食べ物を口にする
  • 消化に悪い食べ物をできるだけ避ける(脂っぽいものや肉など)
  • よく噛んで食べる
  • 生ものは避ける
  • 1回の食事量を減らし小分けにして食べる
  1. ストレスを適度に発散する

ホルモンバランスの変化による自律神経の乱れはストレスにも大きく左右されます。またストレスをため込むのは大切な赤ちゃんにも良い影響を与えません。適度にリフレッシュするためには上手に時間を有効活用していきましょう。

  • 近所をゆっくりと散歩する
  • ご主人に甘えて家事をやってもらう
  • 好きなゲーム、趣味に打ち込む
  • 思う存分眠る
  1. 病院で相談する

下痢・腹痛が長く続く場合は早めに病院へ相談するのも良いでしょう。下痢で脱水症状を起こす場合や食べ物が喉を通らず栄養が不足してしまう場合は赤ちゃんへ与える影響も高くなります。

また、貧血対策の薬を処方されている場合は飲む量をコントロールで症状が改善されることもあるのでぜひ相談しましょう。

下痢と腹痛が続くのは大丈夫?流産の可能性は?

最後に下痢と腹痛が続く場合のリスクについてです。妊娠初期には多くの妊婦さんが下痢や腹痛を経験しているようで、流産の可能性はほぼないと言われています。多少の下痢と腹痛であれば心配する必要はないでしょう。

ただし、必ずしもリスクがないとは言い切れません。下記のような場合は早めに病院を受診しリスク対策を行いましょう。

  • 異常なほど下痢や腹痛がある
  • 下痢が長く続きふらふらしている
  • 出血がある
  • 動けないほどの腹痛がある

下痢や腹痛が続くのは妊娠初期によくあるケース

自己判断と放置はリスクを伴うので要注意

妊娠初期によく起こる下痢と腹痛についてご説明しましたが、参考になりましたか?妊婦さんの多くが妊娠初期に悩まされている症状であるため、流産の可能性は低く大きな不安を感じることはないようです。

ただし、体調の変化を自己判断で決めつけず必要に応じて病院を受診して相談することが大切です。つらい症状を我慢している状態は赤ちゃんにとっても良い状態ではありません。

リスクの高い妊娠初期をうまく乗り切って赤ちゃんと無事出会いましょう。

この記事は参考になりましたか?

を押すとランキングに反映されます
0

※会員登録やログインは不要です